タカラスタンダード

タカラスタンダードのキッチン ホーローの錆びの対処法

タカラスタンダードのキッチン、ホーロー製のキャビネットの扉や引き出しなどに錆が出たところがあります。

ホーローの錆びかどうかの検証と、錆の場合のお手入れ方法について記します。


タカラスタンダードのキッチンの様子

うちのキッチンは、タカラスタンダードのキッチンで、もうかれこれ30年近くは経っているものですが、とても気に入って使っています。

ホーロー製のキッチンの寿命は長いとはいえ、やはりところどころに不具合が出ており、修理の見積もりも取りました。

そのうちの、外観に関する問題は、ホーローキッチンの錆びに関するものです。

ホーローキッチンの錆びの対処法

キッチンに錆がみられた場合の対処法は

・タカラスタンダードに修理を依頼する

・自力で錆び取り材やホーロー補修液などで修理を試みる

の2つに分けられます。

キッチンの錆を含めた修理全般に関しては、タカラスタンダードのメンテナンス部に依頼することができます。

後者は、小さな錆なら、市販の錆び取り材などで処置を行った後、ホームセンターにホーロー補修液を使って直すことができます。

まずは、どの程度の錆の規模なのか、本当にホーローの錆びなのかを検証してみた我が家の例です。

ホーロー製のキッチンの錆びの種類

キッチンキャビネットの錆、うちの場合をみると、大体三種類に分けられると思います。

  1. ホーローが欠けたところが錆びた
  2. ホーローと取っ手の継ぎ目が錆びた
  3. キャビネットの底面などホーローのフラットな面が錆びた

ホーローが欠けたところが錆びた

こちらは扉の角などの、一見、錆かな?と思わせる部分です。

この部分は、錆ではなくて、ホーローの欠けたところの、内部の金属が露出したところだと夫に言われました。

もちろん、金属ですので、条件によってはこの後錆びる可能性もありそうです。

どんどん広がって剥がれたりということは今のところはありませんが、いずれにしてもあまり見よいものではないのは言うまでもありません。

ホーローの欠けの解決方法

こちらは、ホーローの補修液で自分でも直すことが可能です。

色は、市販の絵の具などで似た色に調整すればだいじょうぶであるそうです。

ホーローと取っ手の継ぎ目などの錆び

もうひとつ、大きく目立つところが、取っ手の付け根に生じている錆かな? という部分。

こちらも一見錆に見えるのですが、ほとんどは汚れと、取っ手側の方の金属(たぶんアルミ)の腐食の方でした。

なので、まずは、周囲の清掃をしてみて、本当に錆びかどうかを見極める方がよさそうです。

その上で、できるだけ汚れが取り除けるように掃除を行います。

これだけでもかなりきれいになります。

取っ手は交換できる

また、この取っ手自体は、交換が可能です。

私の場合は、タカラスタンダードに聞いてみたら、同じものがあるという返答でした。

タカラスタンダード

取っ手他の見積もりの金額の記事はこちら

キャビネット底面と壁のホーローの錆

本当の錆といえるところは、こちら、キャビネットの底面、それと部分的に側面の錆です。

これはなぜできたのかと考えると、おそらく鍋の底についていた錆の”もらい錆”と言われるものだと思います。

直接に乗せずに、何かを敷いた上に鍋を載せていたら違っていたかもしれませんね。

この錆の場合は、点状で一つ一つの面積は小さいので、通常の錆落としの清掃を行うのがいいと思います。

そして、気になるところはホーローの補修液を使えば、かなり目立たなくなると思います。

終わりに

キャビネットの扉などは、何年たってもきれいなままなのですが、金属に触れるところや湿気にさらされる部分は、どうしても錆が出てきてしまうようです。

まだ新しい場合には、タカラスタンダードにメンテナンス部というところがありますので、そちらにお問い合わせくださいね。

見て、触れて、納得。顧客満足度の高いタカラスタンダードのショールーム




関連記事

-タカラスタンダード
-