タカラスタンダードのショールーム 自由見学OK でも予約がおすすめ - まるの日

タカラスタンダード

タカラスタンダードのショールーム 自由見学OK でも予約がおすすめ

投稿日:

タカラスタンダードのショールームにはこれまで何度も行ってきました。

ショールームで何ができるのか、予約や自由見学、雰囲気や応対について、これまでの体験からお知らせします。

スポンサーリンク





タカラスタンダードのショールームとは

https://www.takara-standard.co.jp/product/system_kitchen/edel/style/style01.html

タカラスタンダードのショールームは、タカラスタンダードの、キッチン、風呂、トイレ、その他の製品が展示してあります。

その数は、全国で170か所。

そのうち、私の行った北関東のショールームは、商品展示台数にして

キッチン 20台
お風呂(浴室) 13台
洗面台(洗面所) 16台
トイレ 4台

と、県内で最も大きなところでした。

タカラスタンダードのショールームで何ができる?

https://www.takara-standard.co.jp/product/system_kitchen/display/

タカラスタンダードのショールームというのは、何をするところなのかをまとめると、

・キッチンや風呂が施工後の状態で見学ができる

・各部材の実物見本やパネルが置いてあり比較検討ができる

・希望すればアドバイザー(相談員)が丁寧に対応してくれる

・プランと金額のシュミレーションが即座にできる

キッチンや風呂が丸ごと設置

キッチンキャビネットは、実際使うように、キッチンに並んだ状態で、配置されています。

お風呂については、各お風呂がグレード、タイプ別に、小部屋の状態で並べられています。

キャビネットは、材質はもちろん、実際に立って見て、キッチンの高さ、食洗機の配置などが、実地に確認、検討ができます。

お風呂に関しては、浴槽に実際に入ることができ、深さや付属品を取り付けるべき位置などが体験できます。

展示数の多いショールームに行こう

ショールームに関しては、どのメーカーもほぼ同じですが、私の住む街に関しては、県内で最も大きなところで、展示数含め、もっとも充実度の高かった一つがタカラスタンダードです。

他に見学したのは、クリナップとリクシル、パナソニックとTOTOのショールームですが、ショールーム見学の際は、各メーカーとも、できるだけ展示数の多い、大きなところに行くことがおすすめです。

ショールーム見学の予約について


タカラスタンダードのショールームはコロナの前は、自由見学は予約なしでも可能でしたが、私の訪れたところは、コロナになってからは、見学のみでもやはり予約が必要でした。

なので、行きたいショールームが決まったら、あらかじめ問い合わせて様子を聞いておくのがよいでしょう。

部材の実物見本やパネルがみられる

キッチンの色やホーローや木などの材質、またはお風呂など浴槽の壁の色、これらは、全部四角い板状のパネルとなっており、見るのはもちろん、手に取って触れるようになっています。

カタログの写真だけでは、色や材質までは確認できませんので、これらは必須のアイテムです。

ショールームでは、このような見本が他にもたくさんあり、ほぼ全部を目視で確認することが可能です。

また、キッチンの場合には、マグネットの壁につけるグッズもたくさん展示してありますので、楽しく見学できます。

自由見学も可能

タカラスタンダードのショールームは、必ずしも社員の方がそばに立っているわけではありませんで、「自由に見たい」と伝えれば、自由見学も可能です。

飲み物も無料で置かれており、テーブルもあるので、休憩はもちろん、カタログの閲覧もできます。

質問があれば、アドバイザー(相談員)の方が手が空いていればいつでも応対はしてくれます。

相談したい時は予約がおすすめ

ただし、土日は、予約の人が優先となりますし、かなり混んでいることが多いです。

個別に相談をしたい、聞いてみたいという時には、必ず予約をして出かけましょう。

ネットで何日の何時が空いているかの確認はすぐできます。

予約状況の確認は、下から。
見て、触れて、納得。顧客満足度の高いタカラスタンダードのショールーム

金額のシミレーションと見積もりが即座にできる

ショールームの最も良いところは、実部を見るだけではなく、実は、こちらのシミュレーションにあるといえます。

その場で全部のパーツを試しに選ぶことができ、価格の金額をその場で知ることができるという大変便利なものです。

私のキッチン選びの体験だと、キャビネットの色と、キッチンの横幅のサイズ280cm、高さ85cm、食洗器の有無、レンジフードの大きさ、ワークトップがステンレスのエンボス加工など、これらをアドバイザーが確認し、パソコン画面の画像を見ながら、次々に入力していきます。

迷うところは、キッチンの展示やカタログを見たり、「どちらが使いやすいでしょうか」と聞くと、「人気の色はやはり白ですね」などと教えてもらうことができます。

そして、基本の入力だけなら、30分もかからないうちに、キッチンのプランができ、価格がその場でわかります。

上記の資料は、すぐにプリントしてもらえます。もちろん、この段階では単なるプランなので、部材は後から変更が可能です。

さらに、これには既に図面が含まれていますので、後はそれを施工業者に渡すだけ、ということもできるのです。

もちろん、見学は、自由見学を含めて、何度行ってもOKですが、施工に関して一番気になるのは価格ですので、見学後に見積もりを出してもらうのがおすすめです。

タカラスタンダードのショールームはこちらから









関連記事

-タカラスタンダード

Copyright© まるの日 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.