セリアのふんわりリッチ&ダイソーほいっぷるん 100均洗顔用泡だて器 - 料理と暮らし

買った物

セリアのふんわりリッチ&ダイソーほいっぷるん 100均洗顔用泡だて器

更新日:

セリアのふんわりリッチ、ダイソーなら”ほいっぷるん”という洗顔用の石鹸泡だて器があります。

ふんわりリッチを使ってみたら、今までのネットで泡立てたよりも、もっとずっと簡単に泡を立てることができました。

一言で言うと、”もっちりすっきり”の使い心地をルポしますね。

スポンサーリンク




セリアのふんわりリッチ&ダイソーの”ほいっぷるん

洗顔用の泡だて器、というネーミングがあるかどうはわかりませんが、そのように名付けてみました。

セリアのふんわりリッチ、それから、ダイソーの”ほいっぷるん”という商品です。

ダイソーのほいっぷるんはこちら。

ダイソーで売り上げ、4位のヒット商品となっています。

どちらもほぼ同じ形、同じ使い方です。

そしてもちろん、どちらも100円ですからうれしいですね。

ふんわりリッチ 洗顔用泡立て器とは?

そもそも、何に使うのか、どういう効果があるのかというと、洗顔をする時には、石鹸液を顔に擦り付けるだけでは、洗ったことにならないんですね。

泡を立てて、その泡がきめ細かければ細かいほど良いそうです。

それを顔に密着させて、泡が濃ければ下に落ちませんので、そうしておいて、指先と手のひらでやさしく洗うというのが、一番良い洗い方なのだそうです。

なので、私は、今までは手のひらで、ちゃっちゃっと泡立てたもので洗っていましたが、それでは、せっけん液が下に落ちていってしまうので、何にもならないのだということに気が付きました。

 

ふんわりリッチ&ほいっぷるんの使い方

 

容器に5ミリほど水、またはお湯を入れて、洗顔クリームを入れます。

あとは、上についているレバーを上下にシャカシャカするだけです。

レバーの下は、穴がたくさん開いたプレートになっているので、その穴の数だけ、泡が増えていくんですね。

機械を使ったシャボン玉の作り方と同じですね。

洗顔ネットと比べても泡の細かさが違う

私は以前は、洗顔ネットを使っていました。テルテル坊主のスカート部分のような形ですね。

これはこれで、泡は立つのですが、容器がないので、下手をすると、泡が下に落ちてしまいます。

それと、ほいっぷるんと比べると、もっと泡が濃くて、パッケージの「もちっとリッチな濃密泡」という通りの、濃い泡ができます。

この泡が手のひらで出せるかというと、まず無理ですね。そして、洗顔ネットいy場です。

細かい泡で洗った感じはどうか?

これを実際使ってどうかというと、まず、泡立てをすること自体が、おもしろくて楽しい。

そして、泡があると洗顔するのも楽しいし、とにかくたっぷりと顔に泡が載せられますので、洗った感じも抜群なのは言うまでもありません。

洗顔後はとにかくすっきりする感じが増します。

まあ、とにかく100円ですから、一度は試してほしいです。

商品名をもう一度言うと、セリアなら、”ふんわりリッチ”。

ダイソーの場合が、”ほいっぷるん”です。

お近くの100円ショップでぜひお買い求めください!







関連記事

-買った物

error: Content is protected !!

Copyright© 料理と暮らし , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.