ホームベーカリーとキッチンスケールを叔母にプレゼント - まるの日

パン

ホームベーカリーとキッチンスケールを叔母にプレゼント

投稿日:

ホームベーカリーとパン材料の計量に使うキッチンスケールを叔母にプレゼントしました。

アマゾンから、直接届くようにしたのですが、そのあとパンを焼いてみたら、これまでよりずっとおいしいと大喜びされました。

新しいホームベーカリーについてお知らせします。

スポンサーリンク




叔母にホームベーカリーを贈りたい

叔母というのは、母の末の妹です。母とは10歳くらい違い、私とは12歳違います。

叔母のパン歴は、かなり以前からで、私以上のパン党です。

その叔母が、10年前くらいだったかに、ホームベーカリーを買ったのですが、「なんだかうまく焼けない」といったことがあります。

叔母が持っていたのはMKのベーカリーで、その後も買い直したのですが、何が悪かったのかはわかりません。

なので、以前から、お礼をする時にはホームベーカリーを買ってあげようと思っていたのです。

買ったのはパナソニックのホームベーカリー

私自身は、数年前にパナソニックのホームベーカリーを買ったのですが、焼いてみたら”目からうろこ”の感じでしたね。

それまでは、日立のホームベーカリーを使っていましたが、何しろ古かったのだと思います。

自分では問題ないと思っていましたが、買い直して、こんなにおいしく焼けるものとは思いませんでした。

外側はパリパリでトーストするとサクサク。内側はふんわりのさくふわのパンが焼けることになったのです。

感激した、というより、今でも毎回感激しています。

夫は食べるたびに「うまいね」といいますね。

なので、この度とうとう、叔母にホームベーカリーを買ってあげることにしたのです。

新しい機種のホームベーカリーに

私の使っていたのは、茶色のMT1だったのですが、今はその機種は見つからなくなってしまったので、生産終了になったのだとも思います。

その後一つ飛んで2、そのあとの3というのが出ているので、送ってあげたのはそちらです。

形は何も変わりませんでしたが、あとで聞いたら、1番がパンドミ、4番が食パンといったレシピの順番が、若干変わったと叔母に教わりました。

食パンの試食を持参

その前に試食のために、うちで焼いたパンをまずは持っていきました。

「どんな機械でも同じ」と叔母が考えている節があったので、まずは試食してもらおうと用意したのです。

焼いて持っていったのは、食パンレシピで全粒粉の粉を混ぜて焼いた食パン、それと、胡桃とレーズン入りのライ麦パンの断片です。

焼き立てではないので、ちょっとインパクトが薄かったようですが、持っていったその場でトースト、食パンはおいしいということがわかってくれたみたいでした。

 

先にキッチンスケールが到着

タニタ,計り,キッチンスケール,洗える,0.1g,単位,KJ-212

今度のホームベーカリーは、ドライイーストの単位が、0.1g。

なので、それまでの秤で使えないので、キッチンスケールも一緒に買ってあげました。

秤の方が先についたらしいので、期待感でわくわくしたところに、そして、いよいよ、ホームベーカリーが届きました。

叔母は結構それだけで、感激したみたいです。

ホームベーカリーが到着

まずは、パナソニックが力を入れた自信レシピ(たぶん)のパンドミを焼いたそうですが、「とてもおいしかった」と堪能下らしく、その時点で、早速電話が来ました。

ホームベーカリーの話は、数年前からしていたので、やっと送ってあげられるようになってよかったなあと思いました。

その数年間の間にもいろいろなことがありました。

そして、その以前にも、もっとたくさんのいろいろなことがありました。

叔母と叔母の姉である母は、相続で争ったので、付き合いがありません。

私だけが叔母と途切れずに交流を続けています。

叔母は一緒の家に住む家族ではありませんが、私はやはり、家族の一員だと思っています。

2人ともずいぶん年を取ったなあと思いますが、これからも叔母と私は一緒の時間を歩みます。

叔母に買ってあげたのはこちら、アマゾンでランキング1位の商品です。







関連記事

-パン
-

Copyright© まるの日 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.