ホーローキッチンパネルはリフォームでは使用不可 タカラからの返答 - 料理と暮らし




リフォーム

ホーローキッチンパネルはリフォームでは使用不可 タカラからの返答

更新日:

タカラスタンダードのキッチン、修理の見積もりを依頼明日所、修理の担当者から、返事の電話が来ました。

それによると、ホーローのキッチンパネルは、新築には使えても、リフォームの場合は使用ができないということでした。

タカラスタンダードに修理の見積もり

築26年の中古住宅を購入、現在はリフォームの相見積もりの途中です。

既存の家のキッチンは、タカラスタンダードのもの。

システムキッチンを新規に入れ替えるように夫に言われましたが、私は既存のキッチンを使おうと、タカラスタンダードに修理の見積もりを依頼しました。

 

ホーローのキッチンパネルはリフォームは不可

システムキッチンは、新規に入れるのはともかく、アフターについてはどのメーカーも対応が悪いと聞いていたので、半ばあきらめていたのですが、丁寧な対応でしたので、十分に期待できそうです。

ひとつ、電話で「できないこと」として伝えられたのが、ホーローのキッチンパネルの設置です。

私は、キッチンパネルは絶対ではなくて、見積もりの最後に、「設置した場合の概算を知らせてくれるように」と書いたのですが、担当者は、「新築ならできるのですが、リフォームの場合はできないのです」という返答でした。

タイルの上にキッチンパネル

今のキッチンはタイル張りで、そう劣化しているというほどではないので、必ずしも取り替えなくてもいいのですが、ホーローや木製のパネルは、調べたところでは、タイルの上からでも貼れることは貼れるそうです。

また、タカラ以外でもホーローパネルを扱う会社はあり、それが、JFE建材、他にもダイケンとアイカというところなどもあると聞いています。

アイカ工業については、木製のパネルも紹介されており、こちらは、ホーロー以上に貼るのは簡単で、素人のDIYでも可能ですが、ホーローは切断が難しいので、やはり業者に頼む他はないようです。

タカラ以外のホーローはマグネットが使えない?

というよりもそれ以前に、タカラのホーローパネルを使いたいという理由は、「マグネットが使えるから」というのが、タカラを希望する人の多くの理由なのですが、他のメーカーの場合は、おおむねマグネットは使えないようです。

つまり、タカラのホーローは、内部に金属が入っていますが、他のメーカーの場合は、構造が違うようですね。

 

 

キッチン修理依頼の変更の箇所

他に、今回私の方で変更をした箇所がたくさんあります。

・スパイスラックは撤去しないで、錆び取りを依頼

これについてはできるかどうかはまだ不明です。

・スライダーは撤去せずに、自分で塗装

タカラのシンクキャビネットの下には、鉄製のスライダーがついているのですが、これは錆びているので最初撤去してもらおうと思ったのですが、自分で塗装してみようと思い立ちました。駄目ならその時点で捨てます。

・浄水器は外さない

それと、普通の水栓の他に浄水器の水栓がついていて、これは使わないかなと思ったのですが、リフォームの見積もりに来た業者さんに

「浄水器は、今はコロナでつける人がたいへん増えている。棄て内容がいいですよ」

といわれたので、残すことにしました。

他に故障している、食洗器やレンジフードは勿論交換となります。

あとは、錆び取りとパッキン交換、シーリングの打ち直しなどが主な作業となります。

 

今回の見積もりは、1週間くらいでできるそうです。

もし、タカラの方でできないということがあれば、別に内装業者も入りますので、そちらか、新規の業者にいらいすることとなります。

もっともたいていのことは、DIYでもできますので、その場合は、夫に協力してもらって進めることも可能かもしれません。

 

キッチンを入れ替えない理由

キッチンを入れ替えない理由は下のようなことです。

既存のキッチンは、壁付の造作対面型、そして、長さが285センチもあります。

キッチンの向こう側に置くダイニングテーブルまでの動線が長くなりすぎるので、本当はテーブルを横に置く配置にしたいのです。

しかし、そうなると、キッチンを入れ替えるだけではなく、リフォームが大掛かりになります。

そもそも、アイランドキッチンとペニンシュラのフルフラットにはデメリットがあって、採用できません。

他には、2列型キッチンにはデメリットがあります。

そして、180センチのミニキッチンにしようかと思ったのですが、それもキッチンが狭くなりすぎます。

要するに、どうやっても決めかねる状態です。

同時に、今のキッチンも、広々としており、けっして配置が悪いわけではないので、とりあえずこのまま使ってみて、方針が決まったら、その時点で入れ替えようというのが、私の提案です。

もちろん、メンテナンスでそれなりに状態が保てれば、そのまま使ってもいいわけです。

さらにいうと、この家に住むのは、最短で5年位の可能性がありますので、今お金を使うべきではありません。

そのためのとりあえずの修理ではあるのですが、キッチンそのものは、案外気に入っていることは気に入っているのです。

なので、今回のメンテナンスがうまくいくように願っています。

もっともうまくいってもいかなくても、築26年のリフォームです、その程度に気楽に考えた方がよさそうです。







関連記事

-リフォーム
-

Copyright© 料理と暮らし , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.