きのこのアヒージョとアレンジメニューのきのこのパスタ - 料理と暮らし




料理

きのこのアヒージョとアレンジメニューのきのこのパスタ

更新日:

きのこのアヒージョ、人気料理となってからも、作り続けている料理の一つです。

たくさん作って、アヒージョとしていただいた後は、パスタにアレンジしてもおいしいですよ。

きのこのアヒージョのレシピと、アレンジパスタレシピ、他に、モランボンのアヒージョの素をご紹介します。

アヒージョとは

 

アヒージョ、最初に聞いたときは、なんとも目新しいネーミングでしたが、あっという間に人気料理になってしまったものの一つです。

アヒージョのそもそもの定義を調べてみると

スペイン語で文字通りには「小さなニンニク」、具体的には「刻んだニンニク」を表わす言葉であり、オリーブオイルとニンニクで煮込む、マドリード以南の代表的な小皿料理(タパス)の一種である。(wikipedia)

小皿料理ですので、副菜ですが、日本では、具材が工夫されて、主菜でもいけそうな、魚介のアヒージョがありますね。

私が、アヒージョを最初に食べたのは、下のアヒージョの素です。

おすすめアヒージョの素

モランボンの素なんですけれども、これがとてもおいしかった。

油だけではなくて、水分が入っていて、そのスープのだしの味が元々美味しくできています。

あまり油っぽくならないのも特徴です。

魚介を入れればなおいいですが、キノコだけでも十分おいしくできますね。

ですが、いつも素を使うと割高になるので、自分でも作ってみることに。

きのこのアヒージョ

ダイエットを気にしている夫のために、キノコの副菜として、キノコのアヒージョを作りました。

きのこだけでもとてもおいしいです。

きのこのアヒージョレシピ

 

■きのこのアヒージョのレシピ材料(2人前)

  • マッシュルーム・しめじ・まいたけ・エリンギなど各30gくらい
  • ニンニク……1片
  • オリーブオイル……70ml
  • 水……30ml (元のレシピはオリーブオイルのみ120ml)
  • 塩……小さじ1/2
  • 赤唐辛子の輪切り 少々
  • 白ワイン(または日本酒)……小さじ1
  • 黒こしょう 少々
  • パセリ (生) 少々

アヒージョの作り方

  1. ニンニクと赤唐辛子を少量のオイルでいためて香りを出す
  2. 白ワインと水、オリーブオイル、キノコを入れ、塩、コショウを入れる
  3. きのこに火が通ったら、パセリを振って盛り付ける。

実際のレシピは水は入らず、オリーブオイルだけで120mlなのですが、そうするとすごく油っぽくなってしまうので、自分としてはこのくらいがベストかなと思います。

本来のレシピにしたい方は、オイルの量を増やしてください。

アヒージョの食べ方

もちろんこのまま食べてもいいですし、フランスパンなどにのせたり、パンにオイルを吸わせたりして、おつまみ風に食べることが好まれているみたいですね。

個人的には、この倍量くらいで作って、パスタと合わせるのがおすすめです。

 

アヒージョを使ったパスタのレシピ

  1. アヒージョを上記の倍量で作り、上記の材料の他、和風だしの素小さじ1、しょうゆ大さじ1を加える。
    ※きのこはマッシュルーム・しめじ・まいたけ・エリンギの他、エノキや椎茸などお手持ちのもので
  2. 細めのパスタ160gをを指定時間茹でて、上記のアヒージョであえ、味を見て足りなければ塩コショウで調味する
  3. パセリ、または青じその千切りをのせる。

このパスタは、栗原はるみさんのパスタのアレンジです。

詳しくは下の記事に

 







関連記事

-料理
-

Copyright© 料理と暮らし , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.