ホームベーカリーの食パンコースで作るあんパンのレシピと作り方 - 料理と暮らし

パン

ホームベーカリーの食パンコースで作るあんパンのレシピと作り方

投稿日:

ホームベーカリーの食パンコースであんパンのレシピと作り方です。

パナソニックのホームベーカリーには、アレンジパンとして載っていますが、違う会社のホームベーカリーで焼きたい方もおられますね。

普通の食パンコースで焼く時のめやすとなる、あんを巻くタイミングや、生地の粉量と餡の量などについて、あん食パンの作り方をご紹介します。

ホームベーカリーであん食パン


私はパナソニックのホームベーカリーを持っているのですが、そのレシピ集の中に「アレンジパン」というのがあって、そこに「あんパン」が載っていたのです。

以前は、自分で、整形して作っていましたが、ホームベーカリーで焼き上がりまでできたら簡単なので、食パンの形のあんパンを作ってみることにしました。

アレンジパンは2時間15分

レシピがあるので、その通りに焼けばいいわけなのですが、ところが、このアレンジパンのレシピだと、普通の食パンが4時間かかるのに対して、このアレンジパンは2時間15分しかかかりません。

短くていいといえばそれはそれでいいのですが、発酵時間が短いのではないか、通常の工程の方が、パン生地自体がおいしいのではないか、ちょっと心配になりました。

普通の食パンのメニューで焼くことに

そこで、全工程が3時間50分の、「ハーフ食パン」、要するに普通の食パンのメニューで焼いてみることにしました。

よってここでは、普通の食パンコースであんパンを焼く時のやり方について書いてみます。

パン生地の粉の分量は180g

粉の分量や水分量などの材料は、普通のパンと変わりませんが、通常の250gではなくて、180gです。

今回は、「アレンジパン」のあんパンの生地分量をそのまま使いました。

ただし、30gはゴールデンヨットを使用しています。

ゴールデンヨットは強力粉と同じですが、少量混ぜるだけでも、パン全体のふくらみが格段に良くなるというものです。

あん食パンに使ったレシピ

レシピは 以下の通りです。

強力粉・・・180g
バター・・・15g
砂糖・・・17g
スキムミルク・・・6g
塩・・・2.5g
卵・・・25g(Mサイズの1/2個)
冷水・・・110g
ドライイースト・・・2.1g
あん(約20℃にする)・・・100g

このレシピと作り方は、下のパナソニックのサイトで見ることができます。

https://www.kitchen-pocket.com/recipe/group-detail/1000

使用したホームベーカリーはこちら

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥17,797 (2019/12/09 23:22:10時点 Amazon調べ-詳細)

あんの量

あんの量は、強力粉が180gであるのに対して、100gでした。

150gまで使えるそうですが、多ければ多いほどふくらみが悪くなります。

ただし、100gだと、普通のアンパンの量よりは、かなり少なめという感じです。

あくまで、アンパンではなくて、あんの入っているパンという感じですね。

あんを入れるタイミング

普通の食パンのコースで、あん食パンを焼く場合のポイントは、あんを入れるタイミングはいつになるかということです。

生地のこねが全部終わった時点で、パン生地を一度取り出して、あんを巻き込みします。

パナソニックのレシピだと、「ねり-ねかし-ねかし-ねり」の後です。

このHBだと、1次発酵と2次発酵の区別がないので、ここであんを巻きます。

この間はスイッチは切りません。

あんを巻き込んだら、生地を再びケースに戻してそのまま続けます。

あんを巻き込む際のポイント

あんを巻き込む時に大事なことは、パン生地を伸ばした際の大きさです。

パナソニックのアレンジパンのレシピの説明には、

・パン生地を 約8センチX30センチの大きさにする。

とあります。

これが、大きすぎると、焼き上がりに餡が均等になりません。

他の注意点としては、

・あんを薄く全体に載せ、脇からはみ出さないように周囲を1センチ残す

・空気を入れないようにくるくるとパン生地をまき、閉じ目をしっかりとじる

とじ目が下になるように、パンケースに生地を戻す

その3点です。

出来上がり

 

そして今回出来上がったのが、こちら。外側は普通のパンです。

 

切ってみたら、あんがかなり偏ってしまいました。

というのは、上に書いた通り、パン生地を伸ばして、あんを巻くときに、約8センチX30センチ がいいのですが、そこで、幅が広がり過ぎてしまったんですね。

そこで、余った部分の生地が膨らんでしまったので、あんが寄ってしまったのです。

パン生地が温かいので、どうしても伸びすぎてしまうのですが、横に伸ばさずに、縦にだけ伸ばすとうまくいくと思います。

あん食パンを作った感想

このパンは、今まで作った中で、一番おいしいかなと思えるくらい、生地がおいしかった!

餡は「あんぱん」の感覚からはかなり少なめですが、朝食に食べるので、これで十分です。

一つ一つ成型をして焼くより手軽にできるので、皆様もどうぞお試しくださいね。





関連記事

-パン

error: Content is protected !!

Copyright© 料理と暮らし , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.