チーズフォンデュをフライパンとIHクッキングヒーター電磁調理器で - 料理と暮らし

料理

チーズフォンデュをフライパンとIHクッキングヒーター電磁調理器で

更新日:

チーズフォンデュをフライパンと電磁調理器で作る卓上調理のやり方です。

チーズフォンデュはもちろんホットプレートでもできるのですが、うちは、ホットプレートは使わないので、電磁調理器がその代わりです。

この季節は電磁調理器を、ほぼ毎日のように使って食べていますね。すごくおすすめです。

チーズフォンデュをフライパンで

チーズフォンデュ、皆さんはどのようにして食べていますか?

熱々のチーズをパンや野菜に絡めながら食べるのはとってもおいしいですよね。

我が家では、チーズフォンデュは、フライパンと、耐熱容器、それと電磁調理器で加熱する方法で作っています。

すごく簡単なのでおすすめです。

チーズフォンデュのソース分量

■チーズフォンデュのソース分量
2人分

溶けるチーズ……75g
片栗粉……大さじ2分の1
牛乳……100ml

レシピによっては顆粒コンソメを加えるというものもありましたが、なくてもおいしいです。

チーズは、白ワインを使わずに、牛乳のみで溶かします。

白ワインだと、どうもアルコール分が残ってしまって、酔ってしまうんですよね。

チーズに片栗粉をまぶします。

あとは、牛乳と混ぜて、耐熱容器に入れます。

 

耐熱容器は、グラタン皿を使っています。

チーズが溶けるまでに時間がかかりますので、最初に電子レンジで加熱して、溶かしておくのもいいです。

ただし、野菜やウインナーに火を通すので、結局その間に熱くなって溶けます。

途中で、よく混ぜることが必要です。

フライパンに乗せる耐熱容器


耐熱容器は何でもいいと思うんですが、グラタン皿を使っています。

耐熱容器なので、底のかなり厚い皿ですが、これでちゃんと熱くなるのかというと、逆にチーズが煮立つぐらいに熱くなりますので、煮詰まって固くならないように火加減の調整が必要です。

チーズフォンデュの具材

チーズの他の材料は、昨日夫のお弁当にカツサンドを作ったので、食パンの耳と、後からライ麦パンの角切りにしたものを足しました。

強火で加熱すると、パンがカリカリになって、夫はおいしいようです。

野菜は下茹でした人参、 あればブロッコリーも使うのですが、手持ちになかったので、ピーマンをさっと湯通ししたものを使いました。

人参と一緒の鍋に、短い時間加熱しておけば火が通りやすくなります。

後は焼いておいたさつまいもとか、それから冷凍のフレンチフライポテトなどなど、 こだわらずに並べます。

最後は、フライパンの油をぬぐって、焼き飯を作りました。

チーズの好きな夫は「とっても美味しい」と言ってたくさん食べてくれました。

冬に活躍!電磁調理器の活用法


少人数の場合は、細々した電気器具を買わずとも電磁調理器があれば十分です。

これで作れるものは、鍋用の両手鍋を使って 湯豆腐や、鍋。

フライパンで作れるものは、すき焼きや焼肉など。

要するにフライパンで調理するものは、全て卓上でできます。

他にも普通の鍋を使って串揚げなども出来るのですが、それは周りが汚れそうな気がするので試したことはありません。

ホットプレートを買おうかなと考えたこともあるのですが、夫と二人なので、26 cm のフライパンで焼くだけで十分です。

最近は鍋料理のできるホットプレートもあります。

こちらのものはすごくスタイリッシュでオシャレでほしいものです。

まあうちの場合は、これから引っ越しをする可能性もあり、調理器具はなるべく増やしたくないので、フライパン+ 電磁調理器で十分です。

そして、私の家では、高圧圧力鍋と電磁調理器は、欠かせない調理器具となっています。

それでは皆様もおいしく召し上がれ!





関連記事

-料理

error: Content is protected !!

Copyright© 料理と暮らし , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.