マーガレットのコサージュ かぎ針編み 編み図と作り方 - 料理と暮らし

編み物

マーガレットのコサージュ かぎ針編み 編み図と作り方

更新日:

マーガレットのブローチ、コサージュの編み図と作り方です。

並太程度の毛糸、ここでは中細2本どりで編んでいますが、太目の綿の糸でも編めます。

簡単で短時間でできますので、どうぞお試しください。

スポンサーリンク




マーガレットのコサージュ

8枚の花びらのマーガレットのコサージュです。

葉っぱと組み合わせて、裏にピンを付けただけなので、かなり短時間でできると思います。

たくさん組み合わせて、ネックレスにすることもできます。

なお、完成した作品は、ヤフーオークションで販売していますので、どうぞご利用ください。

なな子のオークション

マーガレットのコサージュ材料

・並太程度の毛糸 オフホワイト、黄色、緑の3色各少々

または綿糸、中細2本どりでも可能

・5号のかぎ針

・3センチのブローチピン

・あれば中綿少々

編み方の概要

  1. マーガレットの花をオフホワイトの毛糸で編む
  2. 花芯を黄色の毛糸で編む
  3. 緑の毛糸で葉を編む
  4. マーガレットの葉の周囲に糸を通す(後で説明します)
  5. 葉っぱを花の浦にとじ付ける
  6. ピンを縫い付ける

詳しい編み方

 

輪の作り目にして、輪の中に細編みを8目編み入れます。

 

 

鎖編みを8目編みます。

 

 

鎖一目ずつに、「細編み、中長編み、長編み、長編み、長編み、長編み、長編み、中長編み」の順番で編みます。

最後は、輪に編み入れた細編みの次の細編みの頭に引き抜きます。

そこから、また鎖編みを8目編み、2枚目の花びらに移ります。

同じように、花弁を8枚編みます。最後は最初の花びらの始まりの細編みに引き抜きます。

糸は、この後も使うので、長めに切ってください。

 

出来上がりはこんな風に丸まっています。

これではダメなので、裏側に花の輪郭にそって、糸を通します。

 

こんな感じです。表から見えないようなところをすくって糸を通していきます。

一枚の花びらをぐるっと回ったら、次の花びらもおなじようにします。

マーガレットの花編み図

花部分の編み図です。

花芯を編む

花の芯を編みます。

 

中に中綿少々を詰めます。

綿がない時は、毛糸の余り糸をくるくる丸めて詰めてください。

パンパンになるほどはいれなくていいですが、あると形がきれいになります。

 

そして、鎖編み、ここでは12目ありますが、その一つ一つに糸を通して、ちょっとだけ絞ります。

そして、花の真ん中にとじ付けていきます。

できるだけ同じ場所に、均等になるように注意してくださいね。

案外難しいです。

花芯の編み図

葉の編み方

そのあとは、葉を編みます。

葉の編み方については、下の記事を参照してください。

ヒイラギのコサージュ・ブローチ 【編み図あり】かぎ針編みと毛糸ですぐできる!クリスマスに

上のヒイラギより大きな葉っぱにしたいので、編み初めの目はくさり編み8目で始めます。

葉の編み図

コサージュの組み立て

 

編み終わりの糸を長く残しておき、出来上がった葉を花にとじ付けます。

花びらが丸まっている個所があれば、ついでにまっすぐ伸びるようにつけてください。

 

そのまま同じ糸で、ブローチピンを付けたら出来上がりです。

 







関連記事

-編み物
-,

Copyright© 料理と暮らし , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.