ナスの塩もみ、浅漬けの作り方 「グッドモーニング」で紹介! - 料理と暮らし

料理

ナスの塩もみ、浅漬けの作り方 「グッドモーニング」で紹介!

更新日:

ナスの塩もみ、いわゆる茄子の浅漬けが「グッドモーニング」のお天気検定で紹介されていました。

すごくおいしそうだったので、早速作ってみました。作り方をご紹介します。

スポンサーリンク

ナスの塩もみがグッドモーニングに

https://www.tv-asahi.co.jp

近年は、夏が暑すぎて、夏野菜は葉物より、茄子が大活躍です。

茄子の旬は夏ですが、秋ナスは、身が引き締まって一層美味しくなるそうなので、秋口になっても大活躍。

揚げても焼いても、煮てもおいしいナスですが、農家の方のおすすめはというと、なんといちばんは、浅漬けというほどでもない、塩もみなんだそうです。

これが、朝の番組グッドモーニングに取り上げられたので、早速作ってみましたよ。

 

ナスの塩もみ 浅漬け 作り方

https://www.tv-asahi.co.jp

 

番組内で依田さんが試食された、茄子の塩もみのレシピと作り方をご紹介します。

茄子の塩もみ・浅漬けの作り方

材料(2人分)
・なす… 2コ(150g)
・塩… 小さじ3/4強
・醬油… (お好みで)小さじ1/2〜1
・お好みで生姜、青じそ、みょうが、ごまなど

1・なすはヘタを切り落とし、長さを2~3等分にします。それから縦4〜6等分に切ります。

2・ボウルになすを入れ、塩をふって混ぜ合わせて約5分間おき、そのあと、手に体重をかけるくらいの気持ちで、なすをギュッ、ギュッと力強く押しながらもみ込みます。

3.最後に両手で水けを絞って余分な水分を除いてから、お好みでしょうゆでさっと和えてから、お皿に盛り付ければできあがり。

 

試食した依田さんの感想では、やはり「身が引き締まっている」ことがわかるそうです。

歯ごたえがあるということでしょうね。そして、「ナス本来の味」が楽しめるとのことです。

上の塩もみは、茄子の上に、みょうがが散らしてありましたが、他にもお好みで、生姜や青じそなどの薬味の他にも、ゴマやゴマ油を加えたりのせたりすると、ナムル風になっておいしいですよ。

簡単に火を使わずにできますので、どうぞお試しくださいね。

 

美味しい秋ナスの見分け方

昔は「秋ナスは嫁に喰わすな」という言葉がありましたが、今は「嫁」は死語でしょうかね。

ともあれ、美味しい秋ナスは、色が濃く、黒に近いものを選ぶのが良いそうです。

ナスの皮にポリフェノール「ナスニン」

https://www.tv-asahi.co.jp

 

茄子の一番の栄養は、ポリフェノールなんだそうです。

ブドウや、赤ワインなどにも含まれる成分ですよね。

茄子の場合は、特有のポリフェノール「ナスニン」と呼ばれるものだそうで、茄子の部分でいうと、皮に含まれるのだとか。

なので、茄子を調理するときはなるべく皮ごと調理するか、または煮汁ごとたべると、栄養が逃げないということです。

他のナスを使った料理は他にも

茄子と高野豆腐の煮物 NHKきょうの料理より9月3週目のお届けご飯

茄子の天ぷらと牛丼、焼き魚とモズクの酢の物の介護のお届けご飯

それでは皆様もおいしく召し上がれ!





関連記事

-料理

error: Content is protected !!

Copyright© 料理と暮らし , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.