トウモロコシの炊き込みご飯作り方 芯も一緒に旨味アップ! - 料理と暮らし

料理

トウモロコシの炊き込みご飯作り方 芯も一緒に旨味アップ!

更新日:

トウモロコシの炊き込みご飯、トウモロコシの芯も一緒に炊き込んで、ごはんの甘味とうまみをアップする作り方です。

ムラヨシマサユキさんのレシピです。

トウモロコシの炊き込みご飯は芯も使う

これまでトウモロコシのご飯というのは、トウモロコシの粒を入れてご飯を炊くだけだろうと思っていたら、全然違っていていました。

目からウロコ! じゃなくて、粒粒が落ちていきそうな作り方です。

朝日新聞のムラヨシマサユキさんのレシピを見てびっくり!

早速作ってみたら、粒だけを加えて炊いていた時よりもずっとおいしくて、二度びっくりでした。

トウモロコシの炊き込みご飯 分量

米 2合
トウモロコシ1本
塩小さじ1
しょうゆ小さじ半分
酒小さじ2

 

トウモロコシの炊き込みご飯作り方

トウモロコシは、冷凍や缶詰だと茹でたトウモロコシが加工してありますが、トウモロコシご飯は生のままのトウモロコシを使います。

トウモロコシの粒をそぎ落とす

 

まず最初に、生のままのトウモロコシの粒を身からはがします。

トウモロコシを食べる時のようにするのではなくて、生のトウモロコシを、左手に持ってまな板の上に立てて、包丁を立てに、上から下におろして身をそぎ落とします。

このような感じですね。あまり深く刃を入れると、トウモロコシの固いところが切れてしまいますので、根本ギリギリくらいにしてください。

 

 

全部そぎ落としたものがこんな感じ。

芯の方に、実が残っても、もちろん大丈夫。このトウモロコシの芯も使います。

今回は1合しか炊かなかったので、トウモロコシは1/2本です。

2合だと、半分に切ったトウモロコシ1本を使います。

炊飯器にトウモロコシと芯両方を入れる

 

できたら、炊飯器にトウモロコシの粒と、それから芯を入れます。

酒を入れて、水を目盛りまで入れて、塩しょうゆを加えてざっと混ぜて、普通に炊きます。

これだけ!

 

こちらは土鍋で炊いたときの画像です。

だし汁などは入れない

料理研究家のムラヨシマサヨシさんが説明するに、トウモロコシの味と甘味、旨味は自然で微妙なものなので、だしを入れると味が負けてしまうとか。

もちろん、塩味やしょうゆ味も控え目に。

それから、おかずもあまり味が濃くない、あっさりしたものの方が合いますね。

トウモロコシご飯のアレンジレシピ

他にアレンジレシピとしては、

洋風ピラフ風トウモロコシの炊き込みご飯

米2合につき、酒とアサリ缶1缶を汁ごと入れて、水を目盛りまで注ぎ入れ、塩、しょうゆ、バター20gを入れてざっと混ぜて、トウモロコシの実と芯を入れて炊く。

カレーピラフにアレンジ

上に、バターでなくて、オリーブ油大さじ1と、カレー粉小さじ1を加えれば、カレーピラフに。

具はアサリだけでなく、エビなど淡泊な具材であれば何でも良さそうです。

アレンジレシピも工夫のし甲斐がありますね。

それでは皆様もおいしく召し上がれ!





関連記事

-料理

error: Content is protected !!

Copyright© 料理と暮らし , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.