おはぎの小豆あんともち米を圧力鍋で お彼岸介護のお届けご飯 - 料理と暮らし

介護のご飯

おはぎの小豆あんともち米を圧力鍋で お彼岸介護のお届けご飯

更新日:

こんにちは、なな子です。
車で30分位のところに離れて住んでいる夫の母に、週一でご飯を届けています。
おとといはお彼岸。ということで、恒例の、おはぎを作りました。

おはぎの作り方

小豆は200g、ご飯は2合で、やや大きめのおはぎが8個くらいです。

去年は小豆が採れないとかで、小豆や餡が高騰するかと思いましたが、それほどでなかったですね。

俳優の井上順さんという人がいますが、甘いものは一切食べないのだそうです。番組で和菓子か何かが出て、無理に食べているところが、テレビに映りましたが、まずい薬か何かを無理やり食べているようなそんな雰囲気でした。

夫は甘いものが好きなので、ごはんの代わりにおはぎを食べようと思ったら食べられるようです。むしろ私の方がそういうのは苦手なのですが、お彼岸の時だけは、おはぎのご飯の代わりにいただきます。

けれども他のものも必ず作るので、お昼にはそうめんのにゅうめんを、晩御飯にはおはぎの他にピザも作りました。

逆に手間もかかる上に、変な取り合わせですが、お届けごはんの日は食べるものがたくさんあってなんとなくごちそうの風情です。

お彼岸に砂糖をたくさん作ったおはぎを食べるというのは、当時は本当の意味でのごちそうだったのでしょうね。

圧力鍋のおはぎの作り方

圧力鍋で作ると、その日の朝にすぐ出来上がります。

まず、小豆餡の方

あずき餡

小豆と砂糖。どちらも200gを用意します。

小豆を水につけたりはしないで、茹でこぼしを2回。水と小豆を入れて2分茹でたらざるに揚げる。
また同じことをもう一度。

ここで水を半カップくらい捨てます。あとで餡にするときに、早く水気がなくなるように。

次に、小豆と水3カップを入れて、3分加熱。

砂糖と塩一つまみを入れて、2分加熱で出来上がり。

あとは別な鍋に入れて、ざるを使って半分くらいを漉し餡にします。

それから水気を飛ばして、餡に練り上げて出来上がり。

もち米は圧力鍋なら2分

餅米は、2合、洗った後ざるに揚げておきます。

水は330cc。

両方を入れて、圧力鍋で2分加熱で出来上がりです。

 

下は「高圧鍋」で、安価なので、おすすめです。
圧力鍋の中でも、高圧鍋の方が、さらに時間が短いです。

 

お届けご飯メニュー

あとは母にいつも作るおかずたち。

揚げ物は必ず何か作ります。今回は恒例のヒレカツ。

向う側にあるのは、屋台のさつまスティックをまねて作ったものです。

さつまスティックは、味がどうというのではないのですが、形がね、何となくおもしろい。

 

ポテトサラダ。

今は新じゃががおいしいですよね。

 

 

こちらは母の好きなひじきの煮もの。

なんてことはないのですが、母がいつもセブンイレブンのお惣菜を夫に買ってきてと頼むのですが、それがひじき煮や切り干し大根とか、そういうものなんですね。

いわゆる「御馳走」もおいしいのだけれども、メイン料理だけでは食べられませんね。

この日はその他にブリの照り焼きもあったんですが、おはぎに手間がかかったため、なぜかうっかりして入れ忘れてしまいました。

母の通院の日だったので、慌ただしかったんですね。

お届けご飯は、父が施設に入所したころは、そちらに行くのに手いっぱいで、途中、間が空いたこともあったけれども、父のいたころからもうずっと続けています。

先週は父の1回忌を終えたばかりです。母にはずっと元気でいてほしいですね。

それではまた来週お届けにあがります!





関連記事

-介護のご飯

error: Content is protected !!

Copyright© 料理と暮らし , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.