レース編みの桜の花モチーフ無料編み図と編み方 - 料理と暮らし

編み物

レース編みの桜の花モチーフ無料編み図と編み方

更新日:

桜のモチーフのレース編み、編み図と編み方のご紹介です。

桜のモチーフを使ったコサージュに使った花モチーフの部分です。

小さいものなので作業は細かいですが、楽しく編めますよ。

スポンサーリンク




桜のコサージュ

 

桜のコサージュ、大きいほうがこちらです。

 

小さい方がこちら。

今回ご紹介するのは、この桜の花部分のモチーフの編み方です。

 

桜のモチーフ編み方

レース編み20番、レース針0号で編みます。

レース糸の他は、3㎜のパールビーズと、金色のラメ糸、ラメ糸が通る針、ビーズをつけるための縫い針と白糸です。

材料と用具を下にまとめると

材料と用具

・レース編み20番の糸 濃いピンクと薄いピンク2色 各少々
・パールビーズ 3mm 花1つにつき1個
・金色のラメ糸 少々
・白の手縫糸
・レース針0~2号 糸に合った号数の針
・20番の糸と縫い糸が通る縫い針

桜モチーフの花芯の編み方

ピンクの濃い糸で編みます。

中央は輪の作り目、最初はくさり2目で立ち上がり、続いて、くさり編み3目。

次が、中長編みを輪に編み入れて、くさり3目。

次も中長編み、くさり3目の繰り返しで。スペースを花びらの数分、5つ作ります。

最後は、最初のくさり編みの3番目のくさり編みの編み目に引き抜き編みをして糸を切ります。

この部分の編み図は下の通りです。

花芯の編み図

桜モチーフの花びらを編む

今度は薄い桜色のレース糸で、先ほどの恋ピンクの糸のくさり編みの部分に、糸をつけ、立ち上がりのくさり編み3目を編み、その後は、長々編み1目を編みます。

その最初を編んだところ。

そこで、くさり1目を編み、長々編みの頭の、ループ2本に引き抜き編みをします。

それで、桜の花びらの上部の2つのエッジが出ます。

その隣、花弁の中央が、長編み1目。

ここから対称的に、花びらの左側を長々編み1目から同じように編みますが、花弁部分の編み図は下の部分です。

ここまでで花びらの1枚が終り、次のループに移って、2枚目の花弁も同じように編んでください。

花弁は計5枚編みます。

金のラメ糸を花芯に縫い付ける

 

次に金色のラメ糸を花芯に縫い付けます。

最初の段の中長編みの糸2本の中央を、花芯から花弁側に金色の糸が見えるよう、刺繍するように糸を縫い付けてください。

部分的にキラキラとアクセントになっていればOKです。

最後に、白またはパールビーズと同じ、白っぽい縫い糸で、最後に、パールビーズを白糸で縫い留めます。

横から見たところ。

出来上がり。

 

桜の花のコサージュ

同じものを集めて、コサージュにしてみてください。こちらは、桜の花が7つ。

小さめの4つだと、早く出来上がります。

モチーフだけを布にアップリケしても可愛いですよ。

こちらのコサージュの作り方は、下の記事に追加しました。

 

桜の花のブレスレット

モチーフを横につなげれば、桜の花のブレスレットもできます。

こちらの方が簡単ですので、モチーフを元にバリエーションをお楽しみください。

終わりに

パーツが多くて大変ですが、他の花にも応用できるモチーフもあるので、暇を見て編んでみてくださいね。

なお、私の編んでいる糸については、既に廃盤の商品のため、エミーグランデの下の糸を参考にあげておきます。

お好みの色を確認の上、お選びください。







関連記事

-編み物
-,

error: Content is protected !!

Copyright© 料理と暮らし , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.