カレーがおろし玉葱で本格プロの味に!カレー粉,スパイスの隠し味, ルーは2種類のコツ - 料理と暮らし

料理

カレーがおろし玉葱で本格プロの味に!カレー粉,スパイスの隠し味, ルーは2種類のコツ

更新日:

こんにちは、なな子です。
少し前に作ったカレーが、ちょっと工夫したらすごくおいしくなったのです。それ以来ずっと同じように作っています。
何をどうしたら、カレーがおいしくなったのか。その秘密をお教えします!

カレーを本格的なプロの味にするコツ

いつものカレーを本格的なプロの味に近づけるにのに必要なのは、以下の通りです。

・玉ねぎの1/3~1/2をおろして、あめ色になるまで炒めたものを使う
・しょうがとにんにく、赤唐辛子でスパイシーに
・お馴染み小瓶のスパイスは手軽にプロの味に近づく

そして、できたら、

・繊維がほろっと崩れるまで下茹でした角切り肉を使う

ひとつずつ説明していきます。

おろし玉葱で本格プロカレー

玉ねぎが300gだとすると、玉ねぎ丸々1個を、半分に切ります。

 

おろし器で玉ねぎをおろします。おろし玉ねぎの分は、使う玉ねぎの1/3~1/2くらいです。
おろし終わって手元に残った分も、そのまま使います。

 

にんにくと生姜を、少しずつ、これもすりおろしておきます。
写真は大きいままですが、ニンニク1片、生姜も同じくらいで十分です。

唐辛子の輪切りもお好みで

また、辛いのが好きな方は、ここで唐辛子の輪切りにしたものを用意すると、辛味もですが香りが増しますのでお試しください。

おろし玉ねぎを炒める

おろし玉ねぎとにんにくと生姜、お好みで輪切り唐辛子を油を引いた鍋に入れて、薄く茶色に色づくまで炒めます。

 

こんな感じです。焦げないように、灯をあまり強くせずに気長に炒めてください。

 

あとは、普通に切った玉ねぎを加えてさらに炒め、そのあと人参なと他の材料も入れて炒めます。

肉を下茹でせずに使う場合は、切った玉ねぎと一緒に炒めてください。
肉の下茹でについては下に書きます。

ジャガイモは茹でておいて後で加える方法も

ジャガイモはどうしても、荷崩れしやすいので、私の場合は、茹でておいて後で加えることにしています。

面倒なら、大き目に切って面取りしておくと、若干煮崩れしにくくなると思います。

ジャガイモがなくなってしまうのは困りますが、多少崩れてもワイルドでいいかもしれません。カレーというのは元々そういう料理だと思います。

 

豚角切り肉は事前に茹でておくのがベスト

豚肉の角切り肉、上の場合はバラ肉ですが、肩肉が手に入ればなおいいです。
骨付きのスペアリブでも安価でいいです。茹でてから骨を外せば、バラと同じように使えます。

圧力鍋で煮ておく

できれば、圧力鍋で柔らかくなるまで(うちの圧力鍋なら5分加熱)煮ておくと、後で煮込みを加えた時に、肉の繊維がほろっと崩れる感じに柔らかくなるため、ひじょうにおいしいです。

この場合は豚肉ですが、牛肉でも同じです。鶏肉はもっと短時間で煮えるため、圧力鍋の加熱時間は短くします。

普通の鍋の場合は、出来なくはありませんが、普通の鍋で、カレーの肉をあらかじめ30分から1時間煮るというのはかなり面倒だと思います。
カレーや他の肉料理をよく作るという場合は、圧力鍋の検討をおすすめします。

肉を加えるタイミングは

下茹でした肉を使う場合は、野菜を炒め終わった後に水と一緒に入れてください。

生の肉の場合は、おろし玉ねぎの後に切った肉と切った玉ねぎ、人参などを炒めます。

いずれも、その他の工程はいつもと同じです。

 

隠し味とスパイスで本格プロの味に近づける!

ここから使う材料です。
お馴染み小瓶のスパイスといつものカレールー2種、それからさらにカレー粉です。

お手軽スパイスで手軽にプロの味

私が使うのは上の3つ、クミンとシナモン、ガラムマサラです。

ガラムマサラはカレーの代表的なスパイスです。
クミンは、スパイスとはいっても、それほどクセがないので、他の料理にも案外使えます。

シナモンは、甘い良い香りがします。

それらを水を加えて煮込む際、それからルーを加えて出来上がった時の仕上げに、それぞれお好みの量を加えてください。

インスタントルーにもスパイスは含まれているので、最初は3回振るくらいで様子を見てくださいね。

ルーは2種類用意する

ルーは、お好みのものでいいのですが、1種類ではなくて、2種類使った方が複雑な味が出るので、選んで組み合わせてみてください。

バーモントは他のルーに比べて、粘度がつきます。圧力鍋でカレーを作る場合は、短時間でできるため、分量通りの水だとどうしても水っぽくなるので、バーモントで調整しています。

ちなみに、私が好きなのはジャワカレーなのですが、家人が辛いのがダメなので、やや甘めのルーを使っています。

 

カレー粉とスパイスを隠し味に使う

ルーを入れてカレーがほぼ出来上がりました。
仕上げに、カレールーではなく、カレー粉を貸し味として使います。

だまにならないように振り入れてください。私が入れるのは、小さじ1/6くらいです。辛いのが好きな人はお好みで。

仕上げに再度スパイスを

さらに仕上げに再度スパイスをお好みで加えます。

カレー粉と、スパイスをぐるぐるっと混ぜて、ちょっとだけ煮て香りが増したら十分です。

砂糖とレモン汁の隠し味も

他の隠し味としてはは、砂糖をひとつまみ、それから、レモンがあれば、そのしぼり汁を小さじ1/4位加えます。
砂糖とレモンは、あくまで隠し味中の隠し味なので、入れてこんなにおいしくなったというほどではありませんが、ずっと前のオレンジページで読んで以来、気が向いたら入れているという程度です。

そして、おいしいカレーの出来上がり!

おいしい本格カレーを作る―まとめ

おいしいカレーの作り方のコツはいかがでしたか。

おろし玉ねぎ炒めはちょっとの手間で、小瓶のスパイス、カレー粉の隠し味は、振るだけの手軽にできる方法なので、ぜひお試しになってみてくださいね。

それでは、皆様もおいしいカレーを召し上がれ!

 

スポンサーリンク

関連記事

-料理

error: Content is protected !!

Copyright© 料理と暮らし , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.