タカラスタンダードのシャワーヘッドの種類と選び方のポイント

広告 タカラスタンダード

タカラスタンダードのシャワーヘッドの種類と選び方のポイント

※当サイトは広告を含む場合があります

タカラスタンダードのお風呂、シャワーヘッドを選ぶ場合には流行のマイクロファインバブルのシャワーヘッドを選びたいですね。

後から別メーカーのシャワーヘッドを購入後に交換するより、最初から好みのシャワーヘッドをつけてもらうのがおすすめです。

タカラスタンダードのシャワーヘッドの種類についてお知らせします。

タカラスタンダードのお風呂のシャワーヘッド

https://www.takara-standard.co.jp/product/system_bath/mina/

スポンサーリンク




うちのお風呂はタカラスタンダードのグランスパでリフォーム。

タカラのグランスパ(旧ミーナ)というタイプのユニットバスを選択、最初から今までもとても気に入っています。

タカラスタンダードのお風呂にしてから、2年が経ちましたが、いまだにカビ一つ見られず、ホーローの壁はピカピカです。

何といってもうちが入れた時は1616の一坪サイズで価格が37万円台、低価格なのにすごくきれいですよ。

※グランスパについて詳しくは
タカラスタンダードのグランスパの口コミと評判

タカラスタンダードのグランスパの実物はショールームに見に行ってみてください。


※タカラのショールームと公式ページはこちらから。

キッチン・バスルームの見学はネットからカレンダーで日付を選び、簡単に予約ができます。

タカラスタンダード公式ページ

※ショールームについて詳しくは
タカラスタンダードのショールーム 予約なしの自由見学もOK

※ショールームの予約の仕方はこちら
タカラスタンダードのショールームの予約

タカラスタンダードのシャワーヘッドから交換

うちのお風呂のリフォーム時には、シャワーヘッドのことは全然考えていなかったので、標準的なヘッドをつけてもらいました。

その後、夫が

「節水ができて美容にもいいシャワーヘッドがある」

と言い出したので、2年後に交換となりました。

タカラスタンダードから交換可能

買ったのはこちらの商品、アラミック「シルキーナノバブルシャワープレミアム」というものです。

なお、シャワーヘッドの取り付けと、フックへの固定などは付属品及び説明書きがありました。

なのでタカラスタンダードのシャワーヘッドと問題なく交換できます。

シャワーヘッド交換で抜群の効果

バブルシャワープレミアムの効果はとにかく抜群です。

節水効果は「最大70%」ということで、うちの場合も水道代は下がりました。

それ以上によかったのが美容効果というべき効果です。

シャワーを浴びるだけでナノバブルの効果で肌がつるつるになります。

私はそれまでシャワーが嫌いでお風呂のお湯を洗面器で組んで使っていましたが、こちらに取り替えてからは入浴のたび、必ずシャワーを使うようになりました。

タカラスタンダードの付属のシャワーヘッドが不要に

価格は1万円台なのでやや高いようですが、節水効果は間違いなくあるので、購入分は回収できますね。

にしても、タカラスタンダードの付属のシャワーヘッドを使わないまましまうことになってしまったので、もったいない。

こんなことなら、最初からナノバブルシャワーを買えばよかったなあとつくづく思いました。

タカラスタンダードのナノバブルと節水効果があるシャワーヘッドを最初からつけるとしたらどれになるのか、これから買う方にお知らせします。

タカラスタンダードのシャワーヘッドの種類

https://www.takara-standard.co.jp/product/system_bath/faucet/

タカラスタンダードカタログには7つのシャワーヘッドが掲載されています。

名称メーカー価格
エコシャワーWKVK¥13,000
エコシャワーYパロマ¥10,000
エコシャワーV(新)KVK¥13,000
エコシャワーxKVK¥6,500
エコシャワーZSANEI¥6,500
エコシャワーU(新)KVK¥6,500
エコシャワーT(新)SANEI¥65,00

(新)は新製品。

上記はいずれも標準からプラスされる金額です。

見ればわかるように、いちばん標準的なのが+6500円。最大が13,000円。

7つの他にもマッサージシャワーというのがあってそれが、+13,000で設置できます。

節水効果

節水効果はというと、どれも33%以上、最大で56%の節水が可能です。

名称節水効果手元操作小水量
エコシャワーW約44%
エコシャワーY約44% x
エコシャワーV約35%
エコシャワーx約44%
エコシャワーz約56%
エコシャワーU約44%
エコシャワーT約44%

節水を一番に考えたいという場合は、SANEIのエコシャワーzがおすすめです。

シャワーヘッドの特徴

美容効果それと散水のタイプが数種類で違いが楽しめるものについては、下の3つがおすすめです。

1万円以上の製品でシャワーヘッドの特徴を上げると下のようになります。

名称散水種類特徴
エコシャワーW2種類流量を抑えた散水&手元止水でしっかりエコ節水。
ハード・マッサージにも切り替えられる3WAY 仕様
エコシャワーY1種類空気を混入するエアジェットでしっかり節水。
細いグリップ部は子どもや高齢者も持ちやすい
エコシャワーV3種類流量を押さえた3タイプの散水と手元止水で節水

エコシャワーW

  • ハード
  • マッサージ

ハードとマッサージの2種類の切り替え可能

エコシャワーV

ミストシャワー、eシャワーNf(名のファイン)、とろ湯の3種類があります。

  • ミストシャワー・・・細かい霧状の吐水
  • eシャワーNf・・・柔らかい肌当たりの水
  • とろ湯・・・かけ湯のような浴び心地

タカラスタンダードのシャワーヘッドの方が機能が多い

こうやって見比べてみると、夫が買ったアラミックのシャワーヘッドは交換は簡単にできましたが、散水の種類は一つだけです。

しかも価格は自分で後付けするよりも最社に入れてもらう方が安いです。

なので、節水効果があるシャワーヘッドにしたい、いろいろな散水種類を楽しみたい、またバブルの美容効果のあるナノファインのシャワーヘッドを使いたい場合には、最初からタカラスタンダードのシャワーヘッドで、希望の物を選択するのがいいと思われます。

タカラスタンダードのシャワーヘッドまとめ

夫に任せてしまいましたが、後付けしたものよりも機能が多いため、タカラスタンダード経由で正規品を買った方が良かったなと思います。

これからシャワーヘッドを選ぶ場合にはどうせなら最初からタカラスタンダードの製品を選ぶのがおすすめです。

各シャワーヘッドの製品の細かい仕様については、品番が簡単にわからず調べるのが難しいため、直接ショールームで現物を見た上で、アドバイザーさんに確認をするのがおすすめです。




関連記事

-タカラスタンダード
-