焼きリンゴ作り グリルとレンジで焼き時間を短く簡単に - まるの日

お菓子

焼きリンゴ作り グリルとレンジで焼き時間を短く簡単に

投稿日:

焼きリンゴ、皆さんはどんな風に作っていますか。

オーブンで焼こうとすると時間がかかるので、グリルとレンジの合わせ技で時短で焼いてみたら、夜のデザートに間に合いました。

スポンサーリンク




焼きリンゴ

少し前に紅玉リンゴを袋で買ったものが余っていたので、焼きリンゴにすることにしました。

焼きリンゴというのは、私が子どもの頃のオーブン付属のレシピについていたものです。

オーブンに入れてリンゴを焼くだけで、かなり昔からあるレシピのようで、すごく簡単にできるんですよ。

焼きリンゴの焼き時間

ただし、焼きリンゴ、オーブンで焼くとそれなりに時間はかかるんですね。

オーブンで20分と書いてあるものもありますが、それではちょっと不足です。

クックパッドだと、「予熱なしで190度45分」というレシピもありましたが、たくさん一度に焼くならともかく、たった1個のリンゴなので、もう少し簡単に焼くことにしました。

焼リンゴの作り方

オーブンシートを敷いたオーブン皿に、2つ割りにしたリンゴを並べます。

縦割りでも横割りでもOKですが、横割りの平たい形の方が早く焼けます。

リンゴの芯をスプーンなどで取り除き、くぼみに、バターとグラニュー糖を入れます。

バターとグラニュー糖の目安は、リンゴ半分につき、バターが5g、グラニュー糖はそれよりちょっと多めの7gくらいですが、お好みで加減してください。

今回は、シナモンシュガーにして入れてみましたが、くぼみを中心にシナモンを全体に振ってもいいですよ。

焼リンゴのグリルの焼き時間

先ほど書いたように、オーブンだと予熱も入れて小1時間はかかってしまいます。

なので今回は、オーブンのグリルで、余熱なし、上段で13分くらい加熱。

表面が焼けてきたなと思ったところで、レンジで1分半加熱しました。

リンゴのジュースがこぼれてしまうので、あれば耐熱皿を使うか、ホイルで包んで焼くのもよく見かけます。

ホイルで包むと、熱がこもって、早くおいしく焼けるので、そちらもおすすめです。

焼リンゴを焼いている途中の画像

あとからバターを足しましたが、バターではなくて、アイスクリームでもよさそうです。

いずれにしてもすぐ溶けてしまいますので、熱々のところを、スプーンですくいながらいただきました。

夕飯の間に焼いていたので、夕飯のデザートに十分間に合ったのでよかったです。

バターと砂糖を使うのでカロリーは高めですが、リンゴの優しい味わいにちょっとほっとさせられました。







関連記事

-お菓子

Copyright© まるの日 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.