蛍光灯カバーの黄ばみに塩素系と酸素系の漂白剤を使った結果 - 料理と暮らし

生活

蛍光灯カバーの黄ばみに塩素系と酸素系の漂白剤を使った結果

投稿日:

蛍光灯カバーの黄ばみは除去できないのでしょうか。

洗面化粧台の蛍光灯の変色に、塩素系と酸素系の漂白剤を用いてみました。

その結果と蛍光灯カバーの自作例をお知らせします。

スポンサーリンク




蛍光灯カバーの黄ばみに気が付く

今度住む中古住宅、お風呂はリフォームを決めましたが、洗面所はとりあえず、そのまま使うことに。

というのは、洗面台は、簡易な物なら自分で買ってきて置くだけで設置はできるので、慌てて取り替えなくてもいいかということになったのです。

26年経っていますので、古いことは古いのですが、かなり大きいので、そのまま使ってみようということになりました。

蛍光灯カバーのプラスチック部分

ところが困ったのが、他はまずまずきれいなのに、蛍光灯カバーが黄ばんでいること。

蛍光灯のカバーは、白色のプラスチック、正確にはアクリル製品ということです。

電気が当たる部分が焼けているような状態です。

これはどうしてこうなってしまったのかを調べますと、

  • プラスチックの劣化
  • 添加物が変色

というのが原因らしいです。

たぶん、全体ではなく、明かりが当たるところだけなので、蛍光灯の熱も要因の一つでしょう。

つまり、汚れではないので、掃除では色は変えられないということなのですね。困った・・・

蛍光灯の黄ばみに有効な洗剤

まずは、激落ちくんでこすってみましたが、若干白くなったかなという程度でした。

大きいのでとても全体は難しい。

次に有効なのは

  • 塩素系漂白剤
  • 酸素系漂白剤

の二つです。

塩素系漂白剤は、キッチンハイター、ハイター等。

酸素系漂白剤は、紛らわしいですが、ワイドハイターがそう。

他に、オキシクリーンなどの粉末も売っています。

まずは、ワイドハイターの原液をキッチンペーパーに浸してみました。

何となくいいかなという感じがしたので、一晩以上放置!

次の日にワクワクしながら見てみると

”変化なし!”

つまり、劣化してしまったプラスチックに関しては、薬品は利かないということです。

蛍光灯カバーの部品をさがす

他に対処法は、部品があれば取り換えることです。

こういう番号を探して、これで検索をかけると部品が見つかることがあります。

うちのはこれかな…今から確認します。

 

 

蛍光灯カバーを自作した例

部品が古いと見つからないことがあるのは勿論です。

その場合、蛍光灯カバーを自作したという例があります。

こちらはプラダンで作った例。すてきですね。

プラダンで蛍光灯照明のカバーを作る。

もう一つ、こちらもダイソーのPPシート利用。すごくいい感じです。

洗面台の照明カバーを作ってみた!

ちょっと手をかけても自作してみたいという方は、ぜひぜひお試しくださいね。







関連記事

-生活
-

Copyright© 料理と暮らし , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.