パン生地にバターを入れ忘れた!入れ忘れても良いものダメな物 - 料理と暮らし




パン

パン生地にバターを入れ忘れた!入れ忘れても良いものダメな物

投稿日:

パン生地にバターを入れ忘れたことはありませんか。

ホームベーカリーで材料を入れる時に、うっかりしてバターを入れ忘れてしまいました。

結果はというと、特に支障なく食べられました。

逆に、ホームベーカリーでパン生地を作るとき、入れ忘れては絶対ダメなものは何でしょうか。

あらためてチェックしてみました。

パン生地にバターを入れ忘れた


うっかりして、先日パン生地をこねる時にバターを入れ忘れてしまいました。

いつもとは違う、手持ちのメモを使ったのが原因です。

レシピの材料の順番が微妙に違っていたので、飛ばしてしまったらしいのです。

この場合のレシピは、ごく普通のパンのレシピでした。

使用したホームベーカリー

使ったベーカリは、パナソニックのもの。

私の買ったパナソニックのホームベーカリーは、安価ですごくおすすめです。

パンの基本生地のレシピ

その時使ったパンの基本生地のレシピです。

これはホームベーカリー付属の分量ではなくて、たぶん雑誌にあったものだったと思います。

なぜこのレシピがいいかというと、バターとそして砂糖の分量が少ないからです。

■パンの基本生地のレシピ

強力粉 200g
塩 3g
砂糖 15g
バター 15g
卵 20g
水140g
スキムミルク16g
牛乳 50g
水 90g
(または、牛乳 50g 水 90g)
ドライイースト 2g

バターなしのパン生地

気が付いたのは、一次発酵を終えてから取り出すとき。

パン生地に若干艶がない、なめらかでない、伸びが悪いなどのことから、入れ忘れてしまったことに気が付きました。

せっかく作ったのに、とってもがっかり。

ついで、大慌てでネットで調べてみましたが、そのままでよい」という意見が大半。

そこで、そのまま焼いてみましたが、いつもとはちょっと違うけれども、ほとんど支障なく食べられました。

バターは1次発酵後に入れられる?

それでは入れ忘れてしまったバターを1次発酵後に入れられるでしょうか?

答えはノーです。

途中で気が付いた場合も、あとから加えるのはやめた方がいいです。

油脂類はかなりまんべんなく混ざらないと、溶けてパンケースに油となってたまるだけになってしまいます。

ブリオッシュで失敗した時がそうなります。結局パンそのものの味には反映しません。

バターなしのパンの味は?

結局、バターなしパンの味がどういう風に違ったかというと、若干、クラスト、つまり皮が固め。

クラムは若干身が詰まった感じで、噛み応えのある食感になりました。

これはこれでなぜか美味しいと思ったんですね。ちょっとコッペパンの味に似たような感じです。

甘い生地はピザは不向き

ただ、バターを入れなかったからと言って、一つは、オリーブオイルをかけてピザっぽくしてみたんですが、これは何となく味が会いませんでした。

ピザ生地には通常砂糖は入りませんが、バターロールに近い記事だったので、そういう記事には、オリーブオイルは合わない感じ。

ソーセージのパンと、チーズを入れたパンはおいしくいただけました。

見た目もちょっと違いますが、大きな違いはありませんでした。

カレーパンの揚げパンにしたら目立たない

結局3つだけ、オーブンで焼いて食べて、残りはカレーパンの揚げパンにしたので、ほとんどわからず。

夫は「おいしい」と言って、全然変わらず食べてくれました。

ここまでの結論

バターを入れ忘れた際のパンの結論です。

・普通のパン生地ならバターを入れ忘れても、まずまずおいしく焼ける

・心配なら一次発酵を終えたところで取り出し、その後のレシピをカレーパンなどの揚げパンにするとよい

・個人的に、砂糖が多いパンはピザは不向き

・焼き上がってから美味しくない場合はフレンチトーストがおすすめ

 

 

ホームベーカリー材料の入れ忘れ

ホームベーカリーというのは、材料をほとんど全部入れるだけで、時間が来ればパンが焼き上がるという便利なものです。

私がパンを焼き始めた最初の頃は、まだホームベーカリーが普及していなくて、手ごねだったのですよ。

それなりに美味しくできましたが、時間も力も必要としたので大変だったのは言うまでもありません。

ドラマの誰かのセリフのように、めったに「失敗しない」ホームベーカリーですが、ただ一つ、材料の入れ忘れという初歩的なミスには注意する必要があります。

というのは、パンの味ばかりではなく、発酵のために欠かせないものがあるからですね。

塩を忘れても焼けるが味がないパンに

他には全粒粉のパンで一度、塩を入れ忘れたことがあります

見た目も食感も変わりなし。

ただ、味がないパンになりました。

夫は「食べられるよ」と言いましたが、私はちょっと抵抗があったので、フレンチトーストにして食べました。

砂糖はパンの発酵を助けるので必須

一方、砂糖は、バターロール系のパンにはイーストの発酵を助けて、ふっくらさせる作用があります。

フランスパンやライ麦パンは、モルトは入れても砂糖は入れませんが、バターロール系のパンには、砂糖は欠かせないと思います。

中華まんなどは、塩は入れず砂糖だけのレシピがありますね。

びっくりしますが、味はとてもおいしいのです。

余り甘いと思わなくても、砂糖は大切なのですね。

ドライイーストを忘れたらダメ

幸いにして、イーストを入れ忘れたことはありませんが、叔母が一度ドライイーストを忘れたら、ただの小麦の塊になって食べられなかったと言っていました。

他の材料は忘れても、イーストは必須だと思います。

ただし、他の材料は忘れても、案外イーストを入れ忘れるということはないものです。

水分が少ないパンもだめ

水分は余り少ないとパンがこねられなくなります。

機械が壊れはしないまでも、負担が大きいので注意する必要があります。

また味の点でも、たぶんこの場合もかなり美味しくないパンができると思います。

スキムミルクを忘れた場合

牛乳はともかくスキムミルクを忘れたといった場合は、味はやや落ちるかもしれませんが、水だけのパンレシピもたくさんありますので、私ならそのまま焼いてしまいます。

フランスパンもライ麦パンも、ミルク類は入りません。水だけででも美味しいです。

終わりに

とても便利なホームベーカリーですが、材料を入れ忘れたことに気が付くと、慌ててしまうし、がっかりしてしまいます。

材料は、入れ忘れても大丈夫なこともありますので、心を決めて焼き上がりを待ちましょう。

そして工夫していただいてみましょう。

ダメな場合は、捨てればいいだけです。気持ちを落ち着けて再度トライしてみてくださいね。







関連記事

-パン
-

Copyright© 料理と暮らし , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.