伝統的なスコーンがおいしい!バター3割のローカロリーレシピ - 料理と暮らし




お菓子

伝統的なスコーンがおいしい!バター3割のローカロリーレシピ

更新日:

スコーンを島田睦子さんのレシピで焼いてみました。バター3割のローカロリーレシピです。

夫に見せたら「なんだかおいしそうだね」という反応が。もちろんバターが少ないので、安心して食べてもらえます。

低脂肪のスコーンのレシピと作り方をお知らせします。

伝統的なスコーンレシピ

 

”伝統的な”と付けたのは私のネーミングです。

もっと言うと、オールドファッションドスコーンというような感じ。

最初に伝わった頃のイギリスのスコーンのレシピというのは、卵が入らなかったし、それからバターももっとずっと少ないものが多かったです。

また、必ずしも型抜きせずに、手で丸めて作られていた覚えがあります。

要するにスコーンは、最低限の水分を粉と合わせて、丸くして焼くだけの、すごく素朴なお菓子、というより紅茶のお供だったようです。

今回は島津睦子さんのレシピを見つけたら、それに近い感じだったので、そちらのレシピを若干アレンジして作りました。

ベーキングパウダー、砂糖とバターは元のレシピよりも少し増やしてありますが、今のバターたっぷりのレシピよりも、かなりヘルシーな味わいになりました。

 

”伝統的なスコーン”のレシピ

■材料と分量

  • 薄力粉…100g
  • ベーキングパウダー… 3g
  • バター…35g
  • 塩…1g
  • 砂糖…20g
  • 卵…27g
  • 牛乳…22g

スコーンの作り方

 

ふるった粉とベーキングパウダーに、バターをカードなどで切り混ぜます。

 

バターの粒が小豆粒くらいの大きさになったら、指の腹でかるくこすり合わせてつぶし、粉チーズのようなさらさらの状態にします。

 

 

次に、卵と牛乳、砂糖、塩を合わせたものを、粉の真ん中をくぼませて加えます。

 

こねないように生地をまとめたら、2つに折って重ねるようにしながら混ぜていきます。

パイ生地を作るときのように、2つに折ってたたむ、伸ばしてたたむを繰り返します。

4、5回くらいです。

 

大体まとまったらラップに包み、冷蔵庫で生地を30分休ませます。

白い粉が見えている状態でよいそうです。

あとは、取り出した生地を1.5センチに伸ばして、包丁で切ってもいいし、あれば、型を使って、型抜きをします。

そのあとは、190度のオーブンで、10~13分焼きます。

ジャムやクリームを添えていただきます。

スコーンの注意点

生地をまとめるのに、慣れるまでは少しコツが要ります。とにかく、練らない、こねないようにまとめるのがコツで、きれいな生地の表面にならなくてもいいのです。

きれいな生地になるまでこねてしまうと、焼き上がりが、固くなってしまい、美味しくありません。

また、スコーンに層ができて生地が持ち上がる、いわゆる”腹割れ”になるのは、バターが均一に混ざるのではなくて、その逆です。

パイと同じように、バターの部分に層ができためだと思います。

色についてはお好みですが、焼き上がりは、あまり色がつかなくてだいじょうぶです。

バターが少ないので、あまり色がつかないですが、逆につくまで焼いてしまうと、それも、サクサクを通り過ぎて固くなりすぎてしまいます。

焼き立ては表面がサクサクしていますが、時間が経つとしっとりします。

食感は焼き立ての方がおいしいので、昔の本だと、時間が経ってしまったものは、温めていただくということになっていましたね。

今回のスコーンは、卵は入りますが、バターが少ないので、素朴な粉の味が風味が味わえるようなスコーンです。

他にも様々なレシピがあります。お気に入りのものを見つけてくださいね。

スコーンのレシピ 小嶋ルミ全粒粉のスコーン 卵なしでも

きなこのスコーン きな粉を混ぜてヘルシーおやつに







関連記事

-お菓子
-

Copyright© 料理と暮らし , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.