スコーンのレシピ 小嶋ルミ全粒粉のスコーン 卵なしと卵ありの違い - 料理と暮らし




お菓子

スコーンのレシピ 小嶋ルミ全粒粉のスコーン 卵なしと卵ありの違い

更新日:

スコーンのレシピ集、卵なしでも焼けるスコーンや、生クリーム入り、全粒粉入りのスコーンもあります。

おすすめは小嶋ルミさんのレシピ。その他にも、これまで集めたいろいろなレシピをご紹介します。

プレーンスコーンのレシピ

 

下は基本のスコーンのレシピです。

●基本のスコーン材料  (約5個分)

薄力粉        100g
ベーキングパウダー  大さじ1/2
砂糖          20g
塩           少々
無塩バター      50g
牛乳          40~50cc
打ち粉用薄力粉 (あれば強力粉)
塗り用の牛乳    各少々

基本のスコーン作り方

1.バターは1cm角に切り。使う寸前まで冷蔵庫で冷やしておきます。薄力粉、ベーキングパウダー、砂糖、塩をボールにふるい入れ、カードで粉をまぶしながら、切るようにバターをつぶします。

2.バターの粒が小豆粒くらいの大きさになったら、指の腹でかるくこすり合わせてつぶ し、粉チーズのようなさらさらの状態にします。ラップをかけてボールのまま、冷蔵庫に30分ほど置きます。

3.休ませた生地に、冷たい牛乳を少しずつ加え、カードで切るように混ぜて、生地をひとまとめにします。オーブンを200℃に温めておきます。

4.生地がくっつかないよう、まな板などに薄力粉(あれば強力粉)を軽くふって広げ生地をのせ、表面がなめらかになるまで4~5回こねます。

5.めん棒で厚さ1.5cmくらいに伸ばします。直径6cmほどのコップを用意して、コップの口に粉をまぶし、生地に押しつけて抜きます。

6.抜いた生地を天板に並べ、表面に刷毛で牛乳を軽く塗り、オーブンに入れ、うっすらきつね色になるまで15分くらい焼きます。ジャム、泡立てた生クリームなどを添えましょう。

スコーンのヴァリエーション

・チョコチップスコーン  市販のチョコチップか板チョコのブラックを生地に混ぜる

・レーズンスコーン  レーズン30gを生地に混ぜる。

・チーズスコーン  粉チーズ20gを生地に混ぜて5gは焼き上がり5分前に振る

・カレースコーン    カレー粉大さじ2/3を生地に混ぜる

・ベーコンとパセリ入りスコーン パセリ大さじ1/2、ベーコン35gを混ぜる

 

卵入りのスコーンのレシピ

卵を入れるとバターの分量を少なくすることができます。

こちらは卵入りのスコーンのレシピです。

●卵入りのスコーン

薄力粉  100g
塩  小さじ1/4
ベーキングパウダー  小さじ1
砂糖  20g
卵  20g
牛乳  35g
無塩バター 30g

全粒粉と生クリーム入りスコーン

こちらは小嶋ルミさんのレシピを元にしたものです。全粒粉を入れるのがポイント。

生クリームが少量余った時に。

●全粒粉と生クリーム入りスコーン

薄力粉 80g
全粒粉 15g
BP 5g
バター 25g
砂糖 20g
塩 1g
牛乳 15g
生クリーム 20g
卵 20g

作り方は基本のスコーンと同じです。

本家のレシピは下の本にあって、砂糖がほとんど入りません。

さらに詳しい作り方は本を見てくださいね。

スコーンを腹割れさせるには

スコーンを腹割れさせるにはコツがあります。

1.バターの粒を細かくし過ぎない

フードプロセッサーを使うと簡単なので、急ぐ時には使いますが、バターの粒があまり細かくならないようにします。

2.生地を練り過ぎない

サクサク系のドーナツを作るときも同じです。
どちらかというとフードプロセッサーを使わないで、薄い層ができるくらいがよいようです。

3.抜き型を使う

正統派のイギリスのスコーンは、手で丸めて作っていました。

今は高さを高くして、腹割れするのが良いとされているのですが、その場合は、記事の層がつぶれないように、エッジの鋭い抜型を使うか、またはナイフでスパッと切ります。

下は切り口が、普通のものと、花形になる両方が使えるものです。
サイズは、6センチがおすすめ。

抜型があると、形が揃ってきれいですし、お子様と一緒に楽しめそうです。

それでは、皆さんも、素朴でおいしいスコーンを召し上がれ。

関連記事:
お菓子作りの道具おすすめ ボウル 泡立て器 シリコンのゴムベラ スクレーパー キッチンスケール







関連記事

-お菓子
-

Copyright© 料理と暮らし , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.