白い布や服にできた茶色の斑点のシミの原因はカビ?これで落ちた! - 料理と暮らし

生活

白い布や服にできた茶色の斑点のシミの原因はカビ?これで落ちた!

更新日:

白い布の服に茶色の斑点が? 原因不明、カビかしら?

そんな困った経験はありませんか?

茶色の点々にこれを使ったら落ちた! という経験をしたので、ご紹介しますね。

白い布のTシャツに茶色の斑点が…

 

これが問題のシャツです。ごくごく普通の白いリブのTシャツです。

素材はポリエステルと綿。

襟元をアップにしてみます。

点状のかなり細かいシミが散らばっているのがわかります。

よく見るとお腹のあたりにもあり、カビでもなさそうですし、汚れでもなさそうです。

茶色の点々のシミの原因はカビ?

調べたのですが、それほどはっきりしたものはわからず。

というより、クリーニング屋さんに見せれば判明するかもしれませんが、素人では見比べられるほど、実物を見ていないのでわかりません。

候補として挙げられるものは、

1.カビの一種
2.水に溶けない種類の汚れ
3.水に含まれる錆び

茶色の点々はカビの一種?

タンスに入れて通気性の悪いままにしておくと、カビが生えることがあるようです。

が、他の色の服には見られないし、この服に関しては、比較的通気性は悪くないところにあったんですよね。

匂いを嗅いでみても、特にカビ臭いこともなさそうです。

水に溶けない種類の汚れ

水に溶けないもの、たとえば、脂分などがついた場合に、最初は色がなくても保管しておく間に変色するということがあるそうです。

夫の服の場合は、一度着たらすぐ洗濯をしていますし、夫は私よりも行儀がいい上、間食もしないので、食べこぼしもあまり見られません。

水に含まれる錆び

うちの場合は、原因はこれだと思います。

というのは、建てて30年以上の家なので、水道管に錆が出ているのは間違いない。

というのは、普段使っている時は、もちろん錆が見つかるということはないのですが、浴槽の底に茶色の点々とした汚れがあるのです。

これはまぎれもなく、錆びだと思います。

本当は水道管を取り替えればいいわけですが、その前にとにかく服の方を何とかできないか。

というわけで、登場したのがこれです。

 

花王株式会社のハイドロハイター

 

黄変回復用漂白剤というものです。

ハイドロハイターの商品説明

商品名:ハイドロハイター

黄変回復用漂白剤白物衣料専用

●塩素系漂白剤による一部樹脂加工品の黄変の回復

●鉄分の多い水による黄バミの回復

●洗っても落ちない鉄サビ、赤土の黄色いシミの回復

 

衣料用の漂白剤というのは他にもありますが、鉄錆びに利くのはこれだけです。

 

ただし、白い色の衣類にしか使えません。

それから、金属のついたもの、ファスナーのある部分なども、使えません。

液体ではなくて、顆粒と粉の間くらいで、扱いやすいです。

価格は、200円~250円位の間で販売されています。

ハイドロハイターの使い方

 

使い方は40度のお湯1Lにつき、5g(キャップ約半分)のハイドロハイターを、バケツなどによく溶かして、衣類を浸します。

時間は容器の裏のラベルに、『30分(2時間以内)ぐらい』と書かれているので、あまり長い時間は浸さないで、様子を見て引き上げた方がいいようです。

そのあとは、よくすすいで陰干しをします。

使った結果は…かなり目立たなくなった

上のシャツはどうなったかというと下の通りです。

40分位しか浸さなかったので、よく見れば、茶色のシミは残ってはいますが、かなり目立たなくなったので、普段着ならこれで十分着られると思います。

浴槽にハイドロハイターの裏ワザ

実は、ハイドロハイターが家になぜあったかというと、これは元々浴槽のシミを落とすために買いました。

ハイドロハイターを高濃度で水に溶きます。天ぷら粉を水で溶いた時のような濃度です。

それを浴槽の、錆のシミのところに塗ります。

少し時間を置いて、落ちていればそれでよし。

だったのですが、小さいシミでできたばかりのものに関しては落ちたのですが、やはり、時間が経ってしまったものは、思ったようには落ちませんでした。

この製品の正規の使い方ではないので、浴槽の錆には大々的におすすめはできませんが、どうしてもというときには試す価値はあるかもしれません。

いずれにしても、衣服に関しては十分に効果がありますので、もし困ることがあったら、ハイドロハイターをお試しくださいね。

created by Rinker
花王(Kao)
¥648 (2019/09/19 23:33:47時点 Amazon調べ-詳細)

スポンサーリンク

関連記事

-生活

error: Content is protected !!

Copyright© 料理と暮らし , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.