栗原はるみさんパンナコッタのレシピ 余った生クリームで簡単! - 料理と暮らし

お菓子

栗原はるみさんパンナコッタのレシピ 余った生クリームで簡単!

更新日:

栗原はるみさんのパンナコッタは、市販のデザートがスーパーに売られていますが、自分でも簡単に作れるって知っていましたか。

生クリームが余った時に、少量でもできるのでうれしいですね

栗原はるみさんのレシピをご紹介します。

スポンサーリンク




栗原はるみさんのパンナコッタのレシピ

スーパーのデザートコーナーに、「栗原はるみさんの」という言葉がついたパンナコッタが売られていました。

気に入ってそればかりを買っていたのですが、自分でもできないかな、と調べてみたら、栗原はるみさんのレシピがあるんですね。

しかも、生クリームの余ったのと牛乳を混ぜて、ゼラチンを溶かして冷やすだけの超簡単レシピなのです。

他の栗原はるみさんのレシピは

 

パンナコッタ材料と分量

ここから、パンナコッタのレシピです。
まずは、材料と分量です。

●パンナコッタ

材料(2人分)
牛乳……150ml
生クリーム……100ml
砂糖……30g
バニラエッセンス 少々
粉ゼラチン……2.5g
水……大1
ラム酒……大1(お好みで)

ラム酒は、私はいつもこの半分くらいの量しか入れていません。

ただし、まったくないのとあるのとでは風味が全然違うので、少量でも必ず使った方が、本物感がアップしますので、ぜひおすすめします。

 

栗原はるみさんのパンナコッタの作り方

<作り方>
1.水大2にゼラチンを入れふやかす
2.鍋に牛乳を入れ、弱火にかける
3.沸騰直前に火を止め、ふやかしたゼラチンを加える
4.砂糖を加えて混ぜる
5.泡立て器で混ぜながら、生クリームを加える
6.バニラエッセンス少々と、ラム酒を加える
7.器に流して冷やす。固まったら出来上がり

 

パンナコッタのソース

上にかけるのは、カラメルソース、または市販の黒蜜等でもいいのですが、今はイチゴの季節なので、イチゴソースにしてみましたよ。

レンジで少量作れるイチゴソース

ジャムよりも糖分を少なめにできます。

粘度はあまりつかないでサラっとしたソースになります。

●イチゴソース材料と分量

いちご……50g
砂糖……20g
レモン汁……小さじ1位

■作り方

1.苺全体に砂糖をよくまぶすようにして、レモン汁を加える。
2.吹きこぼれを防ぐため、深めの耐熱ボウルなどに入れて、ラップをせず600wのレンジで約1分加熱する。

レンジ加熱が嫌なら、小鍋でちょっと煮てもできます。

レンジ加熱の場合は、容器が熱くなるので、取り出すときは注意してくださいね。

イチゴソースは、他にヨーグルトにかけたり、冷水や牛乳で割ることもできます。

もし、ソースにする果物がない時には、メープルシロップや黒蜜をちょっと伸ばしたものでもいいですし、ソースなしでそのまま召し上がっても十分美味しいですよ。

黒蜜もおすすめ

他には黒蜜もおすすめです。

作り方は以下の記事に

ラム酒について

レシピ内で使うラム酒についての補足です。

ラム酒は、レシピに書かれているよりもかなり少なめに使っています。

ただし、まったくないのとあるのとでは風味が全然違うので、少量でも必ず使った方が、本物感がアップしますので、ぜひおすすめします。

ダークラムとホワイトラムの違い


ラム酒は上のメーカーの物が製菓用ラム酒として小瓶で売っています。

上の写真はホワイトラム。もうひとつはダークラムというものがあります。

ホワイトラムは、比較的癖がない味、ダークラムは、原酒を内面を焦がした樽で3年以上貯蔵するので、樽の色がついているのだそうです。

なので、その風味が若干強いらしいです。飲むわけではないので、あまりわかりませんが、全般的に使うなら、「ラムホワイト」がおすすめです。

上の洋酒のシリーズはお菓子用のもので、酒類売り場でもお菓子売り場でも簡単に手に入りますので、ぜひゲットして使ってみてくださいね。ワンランクアップした味になること間違いなしです。

それでは、皆さまもおいしく召し上がれ!

楽天で大人気の栗原はるみさんのまな板、大中小サイズで使い分けて!
大は、直径35センチ


中は30センチ、ちょっと使いたいときには 小も便利!

また板スタンドで、きれいに収納できます。







関連記事

-お菓子
-

error: Content is protected !!

Copyright© 料理と暮らし , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.