お菓子

栗のマフィンとお食事マフィン 手持ちの材料でバリエーションを楽しんで!

投稿日:


こんにちは、なな子です。

下茹でしておいた、栗を使って、栗のマフィンを焼いてみました。

スポンサーリンク

ad

栗のマフィン

基本のマフィンの生地に、茹でておいた栗を加えるだけです。

 

プレーンマフィンのレシピ

基本のマフィン生地のレシピです。

● 材料(直径6㎝のカップ6個分)
薄力粉………100g
ベーキングパウダー… 小1(3g)
無塩バター………50g
砂糖………………50g
卵………L1個
牛乳………60cc
バニラエッセンス    少々

基本のマフィン作り方

● 作り方

1.ボールに卵と砂糖を入れ、ハンドミキサーで卵がふんわりするまで混ぜます。

2.牛乳とレンジで溶かしたバターを加えて混ぜます。

3.ふるった薄力粉、ベーキングパウダーを入れて練らないように混ぜ、型に8分目ほど入れます。

4.170℃のオーブンで20分ほど焼きます。

他には、角切りにして茹でておいたサツマイモ、かぼちゃ、冷凍のブルーベリー、レーズンなど手持ちのものを加えることもできますよ。

 

こちらは、サツマイモのマフィン。

サツマイモの糖分なのか、なぜかいつも生地がふんわり焼けますね。

こちらは、缶詰のパイナップルと、くぼませた生地の中央にカスタードクリームをのせて焼いたもの。

 

クランブルマフィン

アーモンドパウダーのクランブルをのせて焼いたもの。
こちらもとてもおいしいです。

クランブルの分量

■クランブル
バター……40g
砂糖……40g
薄力粉……40g
アーモンドパウダー……40g

すべて同量でできるので、切りのいい数字で作ってくださいね。
材料をすべてフードプロセッサーに入れるか、ボウルで切り混ぜるようにして、小さくそぼろ状にして、生地の上に散らして使います。たくさん作って冷凍も可。
アーモンドパウダーが余ったときにも、おすすめです。

甘くないお食事マフィン

これはいわゆる、お食事マフィン。

フランス語でいう、ケークサレ(塩味のケーキ)と同じものです。

ただ、砂糖が全く入らないとおいしくないので、お好みで、基本のマフィンの分量の砂糖を20gに減らした生地に、お惣菜風のフィリングを加えてくださいね。

ホットケーキミックスで作っても、ちょうど良い甘さで、市販品の柔らかさがあっておいしいです。

 

赤い皮のポークウインナーと、ほうれん草、それからピザ用の溶けるチーズも加えています。

加えるものは、おかず系なら何でも。
お酒のおつまみにもよさそうですが、おおむね朝食に食べています。

バナナマフィンの作り方は、別記事
フードプロセッサーで作るバナナマフィン いちばん柔らかいレシピ!

それと、栗のおいしい茹で方は、
栗のおすすめの茹で方 甘くするためには冷蔵庫で保存するのがコツ!
をご覧くださいね。

それでは皆さまもおいしく召し上がれ!

ad

ad

-お菓子

error: Content is protected !!

Copyright© 料理と暮らし , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.