フードプロセッサーで作るバナナマフィン いちばん柔らかいレシピ! - 料理と暮らし

お菓子

フードプロセッサーで作るバナナマフィン いちばん柔らかいレシピ!

更新日:

 

こんにちは。なな子です。

梅雨の晴れ間の今日は洗濯をたくさん干しながら、合間にバナナマフィンを焼きました。

いろいろなレシピで以前から焼いているものなのですが、きょうは 一番おいしいレシピをご紹介しますね。

バナナマフィンのレシピ

これは、NHKきょうの料理にある柳瀬久美子さんのレシピなんですよ。

バナナマフィン

どんなレシピでもそんなに変わらないだろうと思っていたら、このレシピはとてもおいしい、何より柔らかい! の驚きのレシピでした。

つくり方

きょうの料理サイトに載っているのは、手作業なのですが、ここではフードプロセッサーで作る方の作り方で書いておきます。
それと、材料が多いので、2人分、半分の量にして記しますね。

材料 (直径6cmのマフィン型約6コ分)
・バナナ (完熟)  1本(40~50g)
・牛乳  20ml
・バター (食塩不使用)  60g
・砂糖  50g
・塩  1つまみ
・バニラオイル  少々
・卵 1/2個  30g
・薄力粉  100g
・ベーキングパウダー  小さじ1/2
・重曹  小さじ1/4

1.フードプロセッサーに、室温に戻して4等分くらいにしたバター、一口大にちぎったバナナ、砂糖、牛乳と卵、塩とバニラオイルを入れて、滑らかにクリーム状になるまで回す。 2.粉とベーキングパウダー、重曹を入れて、2,3秒回す。粉が残っていたら回し過ぎないようにゴムベラなどで寄せながら、再度様子を見ながら回す。
3.型に等分にスプーンなどですくって入れ、180℃のオーブンで約20分焼く。

 

サツマイモのマフィンとオレンジマフィン

バリエーションで好きなものは、サツマイモのマフィン。

 

プレーンなマフィン生地にレンジで加熱しておいたさつまいもの角切りをのせて焼きます。
さつまいものマフィンは、糖分のためかな、焼き色がきれいにつきます。

 

カスタードクリームをのせてから焼くオレンジマフィン

 

ARIさんの本で見た、オレンジマフィンです。
本の方は輪切りオレンジだったけれども、これはほぐしたもの。

真ん中にマフィン生地をちょっとくぼませてカスタードクリームをのせてから焼きます。
クリームがアクセントになっておいしいです。

ベースになるマフィンのレシピも載せておきますね。
こちらは、FPを使わず、手動で作るレシピです。もちろん、FPでもできますよ。

 

プレーンマフィンのレシピ

● 材料(直径6㎝のカップ6個分)
薄力粉………100g
ベーキングパウダー… 小1(3g)
無塩バター………50g
砂糖………………50g
卵………L1個
牛乳………60cc
バニラエッセンス    少々

● 作り方

1.ボールに卵と砂糖を入れ、ハンドミキサーで卵がふんわりするまで混ぜます。

2.牛乳とレンジで溶かしたバターを加えて混ぜます。

3.ふるった薄力粉、ベーキングパウダーを入れて練らないように混ぜ、型に8分目ほど入れます。

4.170℃のオーブンで20分ほど焼きます。

どうぞお試しくださいね。





関連記事

-お菓子

error: Content is protected !!

Copyright© 料理と暮らし , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.