鍋帽子の作り方と保温調理のレシピ - 料理と暮らし

料理

鍋帽子の作り方と保温調理のレシピ

更新日:

鍋帽子 プリン

 

鍋帽子の大まかな作り方です。鍋帽子とは綿を入れた布製の鍋カバー。それで保温調理をするのです。

すごくアナログな調理法なのですが、これがとにかく便利なのです。

一度使ったら、もう手離せません。鍋帽子の使い方と、自分で作った時の大まかな作り方をお知らせします。

スポンサーリンク

鍋帽子とは

鍋帽子 作り方

鍋帽子は、帽子型のカバーと座布団のセットです。座布団の上に鍋をのせて、カバーをかぶせます。

 

鍋帽子 作り方

 

調理中の画像です。中に鍋が入っています。

鍋帽子 布

 

鍋帽子を上から見たところはこんな形です。

鍋帽子の作り方

ここから鍋帽子の作り方を載せます。

こちらに載せるのは、あくまで概略です。

慣れている人はこれだけででもできると思いますが、わかりにくいという時は、詳しい作り方は本が出ていますので、そちらをご覧くださいね。

created by Rinker
¥1,650 (2020/01/21 04:12:44時点 Amazon調べ-詳細)

鍋のサイズについて

実際の鍋帽子は、鍋を包めるものですので、ものすごく大きいものとなります。

なので、狭い台所の場合は、置き場所にもかなり困ります。

私の場合は少人数で圧力鍋も持っているので、18センチ形の鍋に使うつもりで作りました。

なので、こちらに示すのは、本に載っている実物を縮小したサイズでの作り方です。

鍋帽子に必要な布と綿の分量

18センチの鍋用 一つ分

・表地
・裏地
・中綿 (ポリエステル綿でよい)最大で300g

綿の分量は、20センチ以上の大きさの鍋の作り方で、帽子本体と座布団を合わせて300g位とありましたが、実際には、それより少ない量でできました。

必要な布の形


必要な布は、表地と裏地の2種類です。

円錐形の表布が4枚、裏布が4枚、円形の布が2枚裁てればできます。

鍋帽子に必要な布の種類

本で使われていたのは、表布はリネン、裏の布が、綿の布だったと覚えています。

私の場合は、試しのつもりだったので、手持ちのリサイクル布で作りました。

鍋帽子 布

その場合の、表地は薄手の長袖のTシャツの綿の布、裏地はワイシャツです。

分量はというと、つまり、男性の長袖Tシャツ1枚分くらいと、ワイシャツの大きさがあればほぼできるということです。

下に型紙のサイズの目安を掲載しますが、まずはそのくらいの布の量を目安にしてみてください。

鍋帽子の大まかなサイズと作り方

鍋帽子の大まかな作り方です。

1.表布を切って、縫い合わせる

2.裏布を切って、縫い合わせる

3. 座布団部分を切って途中まで中表手で縫い合わせ、表に返してから中に綿を入れて口を閉じる。

4.表布と裏布の間に綿を入れて、外表に重ねる。できたらトップにループをつける。

5.表布の裾を折り返してまつったらできあがり。

 

鍋帽子の大まかなサイズ目安

鍋帽子の各パーツのサイズの目安と形です。

表布のサイズと形状

本体は円錐形の表布を4枚、上記のサイズに、縫い代分1センチくらいを足して、布を裁断。

一番下の5センチ部分は、裏側に折り返す部分です。

本体の縫い合わせるところ

それぞれの両脇を縫い合わせます。

裏布サイズと形状

裏布が4枚 上記のサイズに、縫い代分1センチくらいを足して、布を裁断し、両先をそれぞれ縫い合わせます。

底の座布団を縫い合わせる

鍋帽子の一番下に敷く座布団が、表布と同色で、表裏2枚。

サイズは、赤い○印x4の長さより、厚み分を少し大きめにしたのが直径です。

上記のサイズで、だいたい30センチくらいでした。

中表に周りをぐるっと縫いますが、綿入れ口を大きめに残しておきます。

綿入れ口から平らに綿を入れてから、残しておいた部分をまつって、口を閉じます。

その時に、できたらループをつけておくと、ひっかけられて便利です。

鍋帽子の裏表を合わせて綿を入れる

鍋帽子の本体の方を作ります。縫い合わせた表布と裏布を合わせて、伸ばした綿を入れます。

鍋帽子で難しいのはここのところで、サッカーボールのような球面のあるものに裏布をかぶせ、次に平らなシート状に伸ばした綿をかぶせて、そのあと表布をかぶせるようにするとうまくいきます。

私の場合は、適当に平らになるように入れました。

そのあと、表布の長い方の裾を折って、裏側にまつりつければ出来上がりです。

手持ちの布でかなりいい加減に作ってありますが、要は、鍋がすっぽり包めて温度が保たれればいいので、多少下手にできてもだいじょうぶです。

 

鍋帽子の時短レシピ

調理の参考加熱時間です。

・じゃがいも丸ごと  10分加熱  帽子をかぶせて30分保温
・にんじん      同
・さつまいも     同

・かぼちゃ      1/4個  5分加熱  10分保温
・玉ねぎ       1/2個  同

鍋帽子の卵の調理時間

鍋帽子は卵の調理も上手です。

◆卵
・温泉卵  湯温75度 12分
・半熟卵  沸騰後3分保温
・固茹で  沸騰後7分保温

食材単体での加熱だけではなく、もちろん、煮物は全部、同様にできます。
プリンは大体「2分加熱 20分保温」くらいで作っています。

注意点は、加熱を終えたら、蓋を開けずに、保温に移行すること。
熱を逃がさないためと、雑菌の混入を防ぐためです。

途中での蓋の開け閉め、それと長時間の保温は、雑菌が繁殖する恐れがあるので、避けた方がいいようです。

詳しい作り方掲載サイト

詳しい作り方は徳島友の会HPにありますので、ご覧くださいね。
鍋帽子それ自体がこちらで考案されたものなのだそうです。

徳島友の会のホームページ

鍋帽子の作り方とレシピを載せた本も出ていますので、わかりにくければこちらをご参照ください。

 





関連記事

-料理

error: Content is protected !!

Copyright© 料理と暮らし , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.