インテリア

ビーズの「ごろリンクッション」 寄りかかりOKの背もたれ付で快適

ビーズクッションを新調しました。座布団プラス三角形の背もたれがついた形で名称は「ごろリンクッション」。

フローリングに直置きにして、夫が気に入って使っています。


ビーズクッションを新調

スポンサーリンク




ビーズクッションを新調しました。

三角形のビーズクッションに座布団がついたもので、クッション部分が背もたれになるかたちのものです。

売っていたのは、地元のホームセンターでオリジナル製品のようです。

上は買ってきた時の形。

画像だと大きく見えますが、以前自分で作ったものよりもずっと小さくてコンパクト。

軽いので、掃除のときなど片手で楽々移動ができます。

クッションのサイズ

記載されていたサイズは

50x80x20cm

です。

手作りした三角クッション

以前手作りしたのはこちら

似たように見えますが、これはクッションの上にはお尻はのせられません。

なので、今回買ったものよりももっとずっと大きめです。

おおまかな作り方とサイズは下の記事に

関連記事:
ビーズクッションも座椅子もやめて三角クッションを手作り サイズと作り方

 

お尻をのせる部分とクッションがセット

 

クッションだけだと、寄りかかると床の上を滑って行ってしまうと思いますが、これは座布団が付いているので、その点は安定しています。

欲を言えば、もうちょっと座布団に厚みがあるとよかった。

床に直接置くときは長時間座るとちょっとお尻が痛いかな。

あとは、座る位置とビーズの偏り方によって、夫が体を動かすと音がうるさいなと思うときがありますね。

 

ちなみに、うちはちゃんとソファーもあって、私は床には座らないのですが、夫はこの手前にビーズクッションを置いて床に座っています。

以前は車に長時間乗る仕事ではなかったので、オットマンの椅子に足をのせているのが好きだったのですが、今はどうも床に座る方が楽になってしまったようです。

ネットで買える「ごろりんクッション」

これと同じ形のはイケヒコ・コーポレーション「ごろりんクッション」があります。

フランネル生地なので冬向きですが、座面は画像で見ると厚めでしっかりしていそう。

夏向きにはイグサもあります。

布よりも清潔でよさそうです。




関連記事

-インテリア