ガーデニング

植木鉢の底の網の代用に台所のネットを使ってみた

植木鉢の底、そのままでは穴があいているので、水やりの際に土がこぼれてしまいます。

ここに編みの代用が出来ないかと台所のネットを使ってみました。

スポンサーリンク




観葉植物の植木鉢を変えることに

こちらは、観葉植物のツディ―というシダの一種です。

ちなみに、花屋さんの店頭で300円くらいのポット苗を飼ったらこんなに大きくなりました。

それまでの植木鉢では、鉢が小さくなったので、植え替えすることにしました。

観葉植物ツディーの特徴

シダにもいろいろな種類があるのですが、こちらは観葉植物の中でもお気に入り。

葉の色がきれいな薄緑であること。

それから、葉が柔らかく、ふわふわしているので、見た目がとてもソフトです。

見ての通りボリュームもたっぷりです。

植木鉢の底の網の代用にネット

とりあえず手持ちの鉢に植え替えようと思ったのですが、網がない!

赤玉土があればよかったのですが、それも切れています。

そこで、台所の網、ごみ用のネットを使うことにしました。

他に、家にある網といえば、網戸の張替え用の網があります。

できれば目の細かいものがいいですね。

網を2つ折りにして敷いてみました。

台所では、すごく細かいゴミは抜けてしまうこともありますが、それ以上の大きさならだいじょうぶなので、まず使えると思います。

砂のような細かい土は避けた方がいいですね。

植え替え後。

ちょっと大きめの鉢ですが、これから春で、どんどん育っても大丈夫です。

 

育ったら株分けもできるツディ―

こちらは、株分けを行ったツディ―。

ペットボトルで作ったミニ鉢に、株分け後に土を入れて植え付けています。

夜はお風呂に置いて飾っていますが、お気に入りの植物なので、これからも増やしていこうと思います。




関連記事

-ガーデニング