圧力鍋のおすすめのレシピ本 行正り香さんの「圧力鍋、使ってみよう」 - まるの日

料理

圧力鍋のおすすめのレシピ本 行正り香さんの「圧力鍋、使ってみよう」

更新日:

圧力鍋のレシピ、皆さんは、圧力鍋付属のレシピ本だけをご利用でしょうか。

すごく簡単な料理なのに、おしゃれな圧力鍋のレシピ本を見つけたので、ご紹介します。

スポンサーリンク




圧力鍋は料理に欠かせない

圧力鍋は年中を通して欠かせない調理グッズの一つです。

以前から言っていることなのですが、私の場合、料理で一番大事なツールは、オーブンと圧力鍋です。

電子レンジはなけれはなくてもだいじょうぶですが、やはりお菓子とパンを焼くにはオーブンは必須です。

そして、料理に関しては、圧力鍋が一番大事といえます。

自分の場合は、圧力鍋がなければ調理ができない、朝のゆで卵に始まり、そのくらい頻繁に使っていますね。

最初は圧力鍋のレシピ本

圧力鍋は、使い方が普通の鍋とは違うため、最初は必ず本を見て、使い方を覚える必要がありますね。

掲載されているレシピの通りの分量で一通り作ってみています。

それを過ぎると、他のレシピ本も試してみたいなあということになって、いろいろな本を読んでみました。

ところが、圧力鍋は、煮込み調理に適しているため、ほとんどのレシピ本が、ごった煮みたいな、悪く言うと田舎くさいメニューになってしまうんですね。

そもそも、シチューとかカレーは同じ材料でルーが違うだけなので、そういう同じような重複は避けたいところ。

圧力鍋のおすすめのレシピ本

なので、他の本を見ても買うほどじゃないなあと思っていたのですが、圧力鍋をずっと使っている私が、数十年を経てあらためて、絶対に買いたいと思ったのがこの本です。

行正り香さんの「圧力鍋、使ってみよう!」。

他の本と何が違うかというと、一言でいうとすごくおしゃれ。

”フランス料理みたい”なメニューのレシピが並んでいるのが、写真を見ても歴然としています。

著者正り香さんは週刊朝日の「ひとりごはんレシピ」を読んで、注目、というより、ファンになりました。

そのくらいすてきなレシピが多い、というより、合理的なお菓子のレシピ本、インテリアの本も出しているトータルなセンスがすばらしい方です。

煮込みだけではなくて、ちょっと加熱しただけでできる一皿のレシピも載っていて、簡単なんだけれども、素材を活用した立派な一皿になっています。

これなんか、基本、鶏とエリンギでできる一皿ですが、盛り付けも含めてすごくすてき。

材料をたくさん使う煮込み料理ばかりだと、作るのが大変になってしまいますが、少ない材料で試せるのもうれしいです。

暮らしぶりを伝えるエッセイのページも多く挟まれており、雑誌のグラビアみたい、読んでいても楽しいレシピ本です。

私の使っている圧力鍋は、ガス火のタイプ。2人暮らしにぴったりの3リットルの片手鍋です。

高圧鍋のなので、普通の圧力鍋よりも、もっと時短で調理ができます。

もう、15年くらい使っていてパッキンを一度購入して取り替えました。

5.5リットルもありますので、普通の4人家族にはこちらの大きさがおすすめです。







関連記事

-料理
-,

Copyright© まるの日 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.