カリモク60Kチェアが家に!座り心地は・疲れる?の疑問にお答え - まるの日

生活

カリモク60Kチェアが家に!座り心地は・疲れる?の疑問にお答え

投稿日:

カリモク60のKチェアのセットが家に来ました。

最初に思っていたよりも、座り心地もよく、疲れると思ったこともありません。

それどころか、カリモク60のKチェアの大ファンになりました。Kチェアのメリットと魅力についてお知らせします。

スポンサーリンク




カリモク60Kチェアが家に来た!

カリモク60Kチェアが家に来ました。

画像のセットは、カリモク60Kチェア 1シーターが2つ、2シーターが1つ、同じくオットマンが1つです。

  • カリモク60Kチェア 1シーター
  • カリモク60Kチェア 2シーター
  • オットマン

全部で4つのセットです。

このセットは、実家にあったのを譲り受けたので、実家に何度も見ており、実際に座ったことももちろんあるのですが、その時は特に魅力を感じませんでした。

そのため、譲ってくれると言われた時にも、あまり気が進まなかったのですが、実際に使ってみたら考えが大きく変わり、早くも手放せない家具となりました。

 

カリモク60kチェアのメリット

Kチェアが気に入った理由、私が大きなメリットを感じた点は、下の通りです

  • コンパクトで場所を取らない
  • 座り心地が思ったより良い
  • 本革なので質感が良い
  • わが家のインテリアにもまずまず合う

一つずつ説明します。

Kチェアはコンパクトで場所を取らない

カリモク60のkチェアについて、以前から言われているメリットは、コンパクトであるということ。

椅子の形も、エッジがきっちりしており、フォルムに無駄なふくらみがありません。

セットで置いても、部屋に十分おさまります。

ちなみに、うちのリビングは曲線のアールラウンジなので、角ばった部屋よりも部屋の面積は狭いのですが、オットマンを含めたセットが置けています。

 

カリモク60Kチェアの座り心地

カリモク60のチェアの座り心地については、皆さんが気にされるところだと思いますが、結論を先に言うと、当初思ったよりもずっと座り心地が良いことがわかりました。

Kチェアと他のソファの比較

うちは、これまでも本革のソファを使ってきたのですが、それがこちら。

シート部分は、クッションが敷いてある形となっており、このタイプのごく一般的なソファの仕様だと思います。

ところが、これが、座り心地が全くよくありませんでした。

あるいは経年劣化かもしれませんが、シートクッションが沈み過ぎると、逆に疲れて座っていられないのです。

それが、今回ソファを変えた理由です。

Kチェアシートのバネの座り心地

それに対して、カリモクのKチェアは、クッションではなく、シートにバネが入っている仕様です。

最初座った時には、シートの反発が強いと感じますが、慣れると逆にへこむということはないために、座っていても、疲れるということはありません。

Kチェアをお店で試した場合、バネの感触に戸惑うことも多いと思いますが、一度で決めつけずに、何度も座って試していただきたいと思います。

Kチェアはコスパ良し

このソファはそもそも10年以上は経っているのですが、へたりはまったくありません。

たぶん、安価なソファーの場合は、数年で劣化が感じられるようになると思いますので、その点からいえば、Kチェアはむしろコスパが良いと言えます。

今回の手入れは、DIYでの皮革のクリーニングと、木部のワックスがけだけでした。

本革なので質感が良い

上に記したように、譲ってもらったKチェアは本革で、これが、実家で短時間しか目にしていない時はわからなかったんですね。

実際運ばれてきて後、初めて皮だとわかりましたが、今回「カリモクを使おう!」と決めたのは、このシートの皮の質感にあります。

おすすめはオットマン

カリモクKチェアのおすすめは、何といってもオットマンです。

特に、1人暮らしの方は、1シーターが2脚ではなくて、1シーターとオットマンの組み合わせの方をおすすめします。

来客時はスツールとして使うこともできますよ、

一方、本革だと、オットマンの場合は、一枚皮でボタン留めていないシートです。

ひじょうに滑らかで、柔らかい皮の質感がよくわかるのは、チェア以上なので、オットマンだけは本革にするのもすごくおすすめですね。

楽天で取り扱いがあります。

 

オットマンについて詳しくは
カリモク60Kチェアでくつろぐにはオットマンは絶対おすすめ

Kチェアは家のインテリアにも合う

うちのインテリアは今回住み替えたばかりの家だったので、見知ったものではありませんでした。

このような状況下での家具選びは予想が難しく、果たしてインテリアに合うかどうかが心配だったのですが、その心配は杞憂に終わりました。

Kチェアはいわゆるソファではないかっちりしたデザインです。

そのため、コーディネート次第では、ビンテージにもカジュアルにも、アンティークにも、まずまずマッチすると思います。

特に黒の場合は、ソファ単体だけではなく、他の物との組み合わせで、いかようにも合わせることができるという印象です。

他にも、人気のモケットグリーンや、布張りにして色を選べば、ポップで明るいインテリアでも使えそうです。

アクタス系列のショップで、モケットグリーンの実物と、限定品の水色の布張りを見てきたのですが、こちらもすごききれいでしたね。

うちは、引っ越したばかりなので、これからコーディネートを工夫していくつもりです。

魅力的なKチェア、手に入れたらとりこになることは間違いなしです。







関連記事

-生活
-

Copyright© まるの日 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.