キッチンスポンジホルダー ダイソーの「キャッチフック」 - まるの日

生活

キッチンスポンジホルダー ダイソーの「キャッチフック」

更新日:

スポンジホルダー、ダイソーの商品で便利なものを見つけました。

金属も吸盤もなし、はずしてつけ直しもできる、シート状のスポンジホルダーです。

スポンサーリンク





新しい家に引っ越ししました!

中古住宅を購入、リフォームが完成して、12月の購入より半年後の6月、何とか引っ越すことができました。

■家購入の記事一覧はこちらから読めます。
家を買った記事一覧

 

新居のキッチンはステンレス

今回中古で購入した家のキッチンはタカラスタンダードの古いシリーズで、シンクもワークトップもステンレスです。

今は人大と呼ばれる、人造大理石が人気なのですが、私の好みは最初からステンレスだったので、その点は気に入っています。

なぜ、人造大理石でリフォームを選ばなかったかというと、ステンレスに比べると、耐久性が心配だったため。

実家の母が使っていたのですが、やはり年数が経つと汚れて来る、傷が増えるとのことでした。

父の住んでいた方の実家のステンレスのキッチンは、ろくろく掃除などされていませんでしたが、そのまま40年近くたっても、まずまず綺麗に使えていましたので、耐久性はやはりステンレスに軍配が上がります。

フルフラットなら人造大理石

他に、人造大理石だと熱い鍋が直置きはできないというのも、メーカーで確認済みです。

ただし、キッチンのレイアウトが、フルフラットの対面式ならば、やはりステンレスよりも、人造大理石の方が見た目は格段に上です。

どちらを選ぶかは、最終的には、使う方のお好みということになりそうです。

スポンジホルダー「キャッチフック」

そして、ステンレスキッチンに使うスポンジホルダーとして、試しに買ってきたのがこちら。

ダイソーにあった「キャッチフック」という商品です。

金属のスポンジホルダーは錆びがこわい

上に書いたとおり、キッチンがステンレス製なので、錆防止の観点から、なるべく金属製の物は避けたいと思っていました。

ステンレスのスポンジホルダーならよさそうですが、それでも100%安心ではないようです。

特に、100均の製品は、その辺りは、信頼性が若干落ちますので、”ステンレス製”でも、やはり避けたい。

吸盤は、以前にも試したのですが、何か好きでないんですね。要は汚れるからなんですが。

それで、たまたま見つけた上の商品を買ってきてみたのです。

スポンジが落ちることはない

これはどういうものかというと、プラスチックのステッカーのような感じ。

表面に小さな突起があって、ざらざらしています。

絵柄のデザインもかわいいですが、小さな小さな正方形なので、これでどうやって、スポンジがつくのか、かなり不思議だったのですが…

ちゃんとつきました。

このスポンジは、試供品のスポンジで、ちょっと小さめで軽めではあるのですが、きちんとつきます。途中で落ちるようなことはありません。

裏面が濡れていなければ、別な場所への張替も可能ということです。。

しばらく使ってみて、使い勝手が悪いようなら、そこは100均、どうぞ気楽にお試しください。

これで、くっつかなくなったら、次はこれ!人気商品です。







関連記事

-生活
-

Copyright© まるの日 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.