栗原はるみさんのレシピで甘夏マーマレードのジャム「私の贈りもの」 - 料理と暮らし




お菓子

栗原はるみさんのレシピで甘夏マーマレードのジャム「私の贈りもの」

投稿日:

栗原はるみさんのレシピで、甘夏ジャム、マーマレードを作ってみました。

さわやかな酸味の甘夏のジャム、たくさん作って保存しておくと楽しみが増えますね。

甘夏のマーマレード

栗原はるみさんの、甘夏ジャムのレシピは、いろいろな本に載っているみたいですが、私が参照したのは「私の贈りもの」という、精選レシピ集です。

ハードカバーの本で、レシピももちろん載っていますが、それ以上に、栗原さん自身が書いた、読みもの的な部分がたくさんあるんですね。

写真もすごくきれいなので、料理を作らなくても読んでいるだけでも楽しい、そういう料理本なので、すごくおすすめです。

甘夏1個に砂糖100g

栗原さんのこのレシピだと、甘夏1個につき、砂糖が100gということになっていて覚えやすい分量です。

甘夏の他に使うものはというと、レモンの汁だけです。甘夏と砂糖とレモンがあればいつでもできますよ。

 

栗原はるみ 甘夏のマーマレード

まずは材料から

甘夏のマーマレード材料と分量

■甘夏のマーマレード材料

  • 甘夏…4個
  • 砂糖…400g
  • レモン汁...1/2個分

 

マーマレードの作り方

1.甘夏の皮は2個分だけを使って、残りは使いません。

2.中身は4個分全部の果肉は房から出して、細かくちぎっておき、ざっと砂糖をまぶしておきます。

3.皮の内側のワタ部分は削りとり、オレンジ色の部分を千切りにします。

(栗原さんだと「1センチ以下の棒状」または「2~3ミリぐらい」となっていました。)

4.皮を1回湯がいた後、果肉と砂糖を加えて、アクを取りながら弱火で煮詰め、途中で、レモン汁を入れてさらに煮詰めます。

湯がくとは?

「湯がく」は、他に「茹でこぼす」といいます。茹でてお湯を捨てることで、ここでは、夏みかんの皮を入れたお湯が煮立ったら、お湯を捨てるということです。
夏みかんが苦い場合には、1度でなく、2度、3度と繰り返すのがいいですね。

煮詰めると固まるので、ややゆるめのところで火を止めます。

マーマレードジャムが固まらない場合

逆にジャムが固まらないという場合には、市販のペクチンを使うのがおすすめです。

レモンは風味づけのために使った方がいいですが、レモンだけでも固まらない場合も多々あります。

ペクチンは粉末の顆粒状、加えるだけで、ジャムにとろみがつきます。

マーマレードだけでなく、他の果物のジャムにも使えるので、揃えておくと案外使えます。

ペクチンについて詳しくは

マーマレードジャムのとろみがつかない場合は市販のペクチンを使えば簡単!

他の甘夏のジャムのレシピは

夏みかんのマーマレードとピールのレシピと作り方 無農薬の庭のみかんで

栗原はるみさんは、伊豆のご出身だそうで、お母さんが夏みかんでジャムを手作りされていたそうです。

レシピを受け継ぐというのは、すてきなことですね。







関連記事

-お菓子
-,

Copyright© 料理と暮らし , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.