タルト生地の作り方 アーモンドクリームと好きなフルーツで - 料理と暮らし




お菓子

タルト生地の作り方 アーモンドクリームと好きなフルーツで

更新日:

タルトを焼きました。アーモンドクリームにフルーツを載せるだけで、本格的な味のスイーツが楽しめます。

アーモンドクリーム、タルト生地ともにフードプロセッサーですぐできます。

タルト生地を冷凍保存しておけば、次は一層手軽に焼けますよ。

アーモンドクリームのタルト

タルトのいいところは、手軽にできる上に、本格的なスイーツの味が楽しめるということ。

一つには、アーモンドクリームがリッチな味わいだからだと思います。

手動でもできますが、フードプロセッサーがあれば、ぜひおすすめしたいお菓子の一つです。

タルトの作り方概要

まず、タルト生地を作ります。

フードプロセッサーなら洗わないで、そのままアーモンドクリームを混ぜます。

タルト生地を型に敷いて、下焼き。

そのあとアーモンドクリームとフルーツをのせて、オーブンで焼きます。

タルト生地のレシピ

■タルト生地  15センチのタルト型2回分

バター      90g
砂糖       40g
卵        1/2個
薄力粉     150g
バニラエッセンス  少々

いろいろ試しましたが、上が一番おいしい配合のレシピでした。

15センチのタルト型2回分なので、半分ずつに取り分けて、半分は冷凍して後で焼きたい時に使えます。

アーモンドクリームのレシピ

■アーモンドクリーム

卵 1個
バター 50g
砂糖 50g
アーモンドパウダー50g
薄力粉 大さじ1/2

アーモンドクリームは、上記を全部一度にフードプロセッサーに入れて、均一に混ざるまで回すだけです。

タルト生地の作り方行程

バターは直前まで冷蔵庫で冷やしておきます。

角切りにしたバターと、粉類と佐藤を全部フードプロセッサーに入れて、細かくなるまで回します。

次に卵とエッセンスを加えて回します。

塊になり始めたところで、すぐ止めます。回し過ぎると固くなります。

後はラップで包んで、冷蔵庫で30分寝かせます。

生地を伸ばして型に敷き詰めます。この分量で2回分です。

タルト型に生地を敷く

生地を伸ばして、タルト型に敷き詰めます。

たいていの作り方だとこの時の生地の厚みは3mmとされているものが多いです。

フォークで底に穴をあけ、側面にアルミホイルを貼ったら、180度のオーブンで10分間、空焼きします。

ホイルについては下に解説します。




タルトのコツ2つ!

タルトを焼く前のコツを2つあげまます。

タルト生地を型からはずれやすくするには

生地を敷く前に、タルト型にあらかじめバターかサラダ油を薄く塗っておきます。

その上から、少々の粉を振ってから、粉を落とし、その後生地を敷き詰めるようにすると、焼き上がった後タルトが型からはずれやすくなります。

側面にホイルを貼る

型に敷き詰めた後は、側面に2.5センチくらいの高さに4重にしたホイルをぴったり張ります。

こうすると、焼いている途中で生地がだれてきません。

この状態で、180度で、12分、生地を空焼きします。中身はまだ入れません。

上の画像は焼き上がった後で、ホイルを半分だけはずしたところです。

上記のように焼き上がった生地にアーモンドクリームを入れます。

一度に入れて表面をならすか、または絞り袋に入れて、絞り出します。

そのあとアーモンドクリームの上に果物などを並べてから、180度のオーブンで12分くらい、表面に焼き色がつくまで焼きます。

アーモンドクリームのタルトに使えるフルーツ

イチゴやオレンジの生は向きませんが、煮たオレンジや、他にも水分の少ないフルーツであれば、どんなものでもできます。

缶詰のフルーツを使う場合は、キッチンペーパーなどで、水気を良くとってから使ってください。

写真はきんかんの甘煮を使ったタルトです。

この分量で、15センチ直径のタルト皿で2回分です。

残りの半分は冷凍して起きて、次に焼きたくなった時に解凍すると一層スピーディーに作れますのでお試しくださいね。







関連記事

-お菓子

Copyright© 料理と暮らし , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.