新玉ねぎのサラダ 加熱で甘く 熱いうちドレッシングに - 料理と暮らし




料理

新玉ねぎのサラダ 加熱で甘く 熱いうちドレッシングに

更新日:

新玉ねぎのサラダ、お馴染みのメニューで、誰もが一度は作ったことがあるものです。

しかし、こちらのレシピは、玉ねぎをさっとゆでてサラダにするというもの。

朝日新聞掲載のレシピを早速作ってみました。

ドイツパンを夕食に楽しむ

今日は、夫が夕飯にドイツパンを買ってきてくれる予定の日。

行きつけのパン屋さんに予約をしておいて、月に一回、プンパニッケルとライ麦パン、ドイツのウインナーロールと、クリームチーズのライ麦パンを受け取ってくるのが恒例になっています。

全粒粉の割合の多いウインナーロール以外は、すべてライ麦粉の入っている、生粋のドイツパンです。

こんな田舎に、よくもドイツパン専門店があったなあと思うような、本格的な味のパンなので、その夜の主食はパン。

そして、パンの味が引き立つような、野菜中心の洋食のおかずを作ります。

 

新玉ねぎのサラダ

今日のメニューは、まず新玉ねぎのサラダと、キノコのアヒージョ。

メインは後で何か作りますが、まずは副菜を早めに作り置きしました。

新玉ねぎのサラダと言えば、誰もが一度は作ったことがあるものでしょう。

その場合の玉ねぎは、まず”生”の玉ねぎです。

しかし、こちらのレシピの新しいところは、新玉ねぎをさっとゆでるというところ。

もちろん、歯ごたえを残す程度に茹でたら、温かいうちに、美味しいドレッシングが絡むようにあえます。

朝日新聞に掲載されたレシピです。

新玉ねぎのサラダ材料

新玉ねぎのサラダ
材料(2人前)

  • 新タマネギ 1個
  • イタリアンパセリ 3g
  • ニンニク薄切り 4枚
  • あらびき黒コショウ 少々
  • ワインビネガー 小さじ1
  • しょうゆ 小さじ1/2
  • サラダ油 小さじ3

 

このうち、イタリアンパセリは、庭の普通のパセリ、にんにくは2枚の少なめに。

ワインビネガーは、ミツカンのドレッシングビネガーを小1と、りんご酢小さじ1/2。

サラダ油は、エキストラバージンオリーブオイルで、小さじ2に変えました。

玉ねぎのサラダ作り方

玉ねぎは幅1cmほどのくし形切りにして、湯1リットルに塩10gを加えたお湯で茹でます。

時間は鍋に玉ねぎを入れて、再沸騰するまで1~2分くらい。

固めが好きな人は、早めに上げてください。

さっと火を通した玉ねぎを、先に混ぜておいたドレッシングであえます。

ドレッシングは油が分離しないように、トロっとした状態になるまで混ぜておくこと。

これがおいしさの秘密だそうです。

最後に、パセリ、ニンニクと混ぜて、黒コショウを振るだけで出来上がり。

お好みによっては、これに、トマトやアボカドを加えてもよさそうです。

茹でた玉ねぎの甘み

お味は、というと、玉ねぎに火が通っているので、生とはまた違った触感があります。

玉ねぎが”甘い”ことは言うまでもなく、苦みやえぐみがないため、付け合わせにして、たくさん食べられますね。

元々のレシピには、書いてありませんが、ドレッシングを作るには、油に良い油を使うことが秘訣です。

特に、生で食べるサラダの時は、これで大きな違いが出ますね。

パセリは庭に植える

パセリはこれ。春先、まだ寒いころに、一株だけ買ったパセリを鉢に植えて置いたら、こんなに大きくなりました。

オムレツに使ったり、スープに散らしたり、重宝すること間違いなしです。

今は他に、青じそと、バジルの種をまいています。

うまく育ちますように。

ドレッシングビネガーのメリット

最近は、ミツカンのドレッシングビネガーというのが最近気に入っています。

余り酸っぱくなくて、味がついているというもの。

ドレッシングビネガーの何がいいかというと、オイルが入っていないので、これにオイルを各自が好きなだけ足すだけで、サラダが食べられるんですね。

私は油類は不要なのですが、夫はオリーブオイルをかけたがるので、これで各自好きなだけ調理をしつつ、サラダやあえ物を食べることができるという優れものです。

市販のノンオイルドレッシングよりも、もっと淡いお味です。

パンが届いたら、写真を追加して皆様にもお見せしますね。

もう一つの副菜、キノコのアヒージョは、別記事に書きますね。

それでは皆様も、旬の玉ねぎをおいしくたくさん召し上がれ!







関連記事

-料理
-

Copyright© 料理と暮らし , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.