栗原はるみさんの新キャベツのコールスローのレシピ - 料理と暮らし

料理

栗原はるみさんの新キャベツのコールスローのレシピ

更新日:

栗原はるみさんのレシピのコールスローは今まで何年も作り続けているレシピのひとつです。

手軽にできて旬の新キャベツと野菜がたくさん食べられます。

他にも、コールスローのお気に入りのレシピ合わせて2つを、手持ちのメモから作り方をご紹介します。

スポンサーリンク




栗原はるみさんのコールスロー

栗原はるみさんのレシピのコールスローです。

栗原さんのは、キャベツだけではなくて、他に人参、ピーマン、玉ねぎなどとり合わせてスライスしたものが、全部で200gくらい。

キャベツは、お好みで幅1~2センチくらいの大きめカットでいただくものです。

栗原はるみさんのコールスロー作り方

栗原はるみさんのコールスロー

  • キャベツ、人参、ピーマン、玉ねぎなど……合わせて200g位
  • 塩 ……小1/2
  • 油・酢…… 各大1
  • 砂糖…… 小1
  • コンソメスープの素……少々(水小さじ1位)

材料を全部合わせて混ぜたら、キャベツ、人参、ピーマン、玉ねぎのスライスを加えて混ぜます。

コンソメスープの素は、小さじ1くらいの水、またはお湯で溶かしておきます。

うまく溶けないときは、レンジに数秒かけてください。

野菜を大きめに切ってたっぷりのサラダ感覚でも、千切りでも食べられます。

いずれにしても、少し時間をおいてしんなりしたころが食べ頃です。

栗原はるみさんのレシピ記事はこちらから

 

コールスローに適したお酢は?

酢と一口に言っても

  • ワインビネガー
  • 穀物酢
  • 米酢
  • リンゴ酢
  • 黒酢

などいろいろな種類があります。

以前は穀物酢と米酢だけだったのですが、種類が増えたのは最近です。

このうち、ワインビネガーは、一番風味は良いですね。

ただし高価なので、レシピに「ワインビネガー」とあったとしても、普通の酢でも大丈夫、十分代用が利きます。

おすすめは「米酢」と「リンゴ酢」

ただし、同じ「酢」とあるものでも、「米酢」とあるものの方が、酸味が柔らかくておいしいです。値段はちょっとだけ高め。

りんご酢はややお値段が高いですが、あまり酸っぱくなくて、フルーティーな味わいで、私はいつもこちらを使っています。

最近では黒酢というのも、大変人気です。

白く仕上げなくてもいい料理の時に使います。

コールスローに使う酢のおすすめは、いちばんはリンゴ酢、次が米酢です。

ベーシックなコールスロー

もう一つのレシピは、「べーいっくなコールスロー」です。

このレシピのコールスローは、誰のレシピかわからないのですが、ずっと作り続けているものです。

キャベツだけのレシピでも、シンプルでおいしい!

マヨネーズはなしなので、卵を取りたくない方にも向いています。

ベーシックなコールスロー

  • キャベツ……500g
  • 塩……小2
  • サラダ油……1/3カップ
  • ワインビネガー あるいは酢……1/4カップ

コールスローのレシピはいくつか試しましたが、材料にマヨネーズがないものでは、これがいちばんおいしいですね。

材料を合わせてからしばらく置いて、キャベツがしんなりしてから、召し上がるのがおいしいですよ。

冷蔵庫で2、3日は保存できるので、作り置きにもいいですよ。

「コールスロードレッシング」も使える

他に、キューピーで出しているドレッシングに、コールスロードレッシングというのがあります。

シーザーサラダ用のドレッシングもあって、こちらもコクがあってとてもおいしいのですが、コールスロードレッシングは、本当にキャベツにぴったりです。

キャベツとあり合わせのサラダ野菜、私は胡瓜と玉ねぎ、人参少しの組み合わせが多いですが、これで和えるだけでもすごくおいしいです。

手軽にできるのでお勧めです。

キャベツがおいしい時期にぜひぜひお試しくださいね!

それでは、今日もおいしく召し上がれ!







関連記事

-料理
-,

error: Content is protected !!

Copyright© 料理と暮らし , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.