リンゴのクランブル ワンボウルでリンゴ加熱なし、オーブントースターで焼ける - 料理と暮らし

お菓子

リンゴのクランブル ワンボウルでリンゴ加熱なし、オーブントースターで焼ける

更新日:

リンゴのクランブル、リンゴの加熱なしで簡単にできるデザートです。

オーブントースターで気軽に焼けて、クランブルの量を加減できますので、カロリーも減らせます。

りんごのクランブルのレシピと作り方をお知らせします。

スポンサーリンク




リンゴのクランブル

 

冬のリンゴを使ったお菓子と言えば、焼きリンゴが代表的なものです。

ただし、焼きリンゴはリンゴを丸のまま焼くので、案外時間がかかります。

アップルクランブルなら、リンゴを角切りやスライスにして焼けるので、ずっとスピーディーにできます。

そして、クランブル、これがまたおいしい。

クランブルというのはあまり聞き慣れないお菓子ですが、お菓子の名前である前に、「そぼろ」の意味の言葉なんですね。

クランブルの中身は何かというと、アーモンドパウダーと薄力粉、砂糖、バター。

これが全部同量ずつ、混ぜるだけです。

水分は他に入りません。なので、バターの油分だけで固まり、クッキー生地よりももっと柔らかいですね。

それをリンゴの上に、ちぎって散らして焼くだけです。

オーブントースターで焼ける

大量に焼きたい時は、オーブンで焼いてもいいのですが、リンゴ1個から2個くらいまでなら、まず間違いなくオーブントースターで焼けます。

上はパイレックスのタルト丸皿で、リンゴ1個分の分量です。

クランブルの分量

■クランブル
バター……50g
砂糖……50g
薄力粉……50g
アーモンドパウダー……500g

切りの良い数字での分量です。

このうちどの位を使うかですが、まんべんなくたっぷり散らしてもいいですが、ダイエット中の人は少なくてもいいです。

クランブルは冷凍もできる

すべて同量でできるので、お好みの量で作って、残りは冷凍保存ができます。

思い立った時に取り出して、冷凍のままでも、または半解凍でも使えます。

クランブルの作り方

材料をすべてフードプロセッサーに入れて、切り混ぜるのがいちばん簡単な方法です。

手動で作るときは、

  1. バターをボウルで練る
  2. 砂糖を加えてよく混ぜる
  3. ふるって置いた粉とアーモンドパウダーを加えて混ぜる
    べたつくときは冷蔵庫で冷やす。

リンゴのクランブルの作り方

  1. リンゴは2~3センチ角に切って、耐熱容器に平らに並べる
  2. クランブルを小さくそぼろ上にちぎりながら、リンゴの上にまんべんなく散らす。
  3. オーブントースターで15分焼く
    または、180度のオーブンで上に焦げ目がつくまで10~15分焼く

※リンゴから水分が出て水っぽくなるのが嫌な場合は、ラップをふんわりかけてレンジで2分位加熱、出てきた水を捨ててから使います。

オーブントースターは焦げる場合があるので、焦げそうな時は、上にアルミホイルを載せて様子を見てください。

クランブルの利用方法

 

クランブルは、ケーキやタルトに散らしても使えます。

 

マフィンにのせて焼いたのが、クランブルマフィン。

こちらも、手軽にトッピング出来て、とてもおいしいです。

簡単にできるクランブル、皆さんもお試しくださいね!







関連記事

-お菓子

Copyright© 料理と暮らし , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.