ゆで卵のしょうゆ漬けの作り方 栗原はるみレシピ 介護のご飯 - 料理と暮らし

介護のご飯

ゆで卵のしょうゆ漬けの作り方 栗原はるみレシピ 介護のご飯

投稿日:

介護のお届けご飯、今週も夫の母に渡してきましたよ。

最近の休日はいつも大忙しですが、今日も何とか届けられました。

介護のお届けご飯

 

一駅離れたところの実家に1人暮らしをしている夫の母に、週一回、ご飯を届けています。

私はいつもなら一緒に実家に行くのですが、今日は母の歯医者の日。

歯医者は夫が送迎と付き添いをするので、私は出かけず、夫にご飯だけを託します。

ここのところ、私は仕事がすごく忙しくなってしまったので、作るのも結構たいへんですが、簡易なメニューで何とか続けています。

介護のご飯メニュー

今日のメニューは

・肉じゃが
・焼き魚
・ほうれんそうのお浸し
・味玉

忙しくなければ、あと一品とデザートも作れるのですが、最近はお菓子を作る時間もなかなかありません。

肉じゃが

取り立てて変哲もない、お惣菜です。

母は牛肉が割と好きなんですね。

長寿の秘訣は肉魚

80歳を過ぎても天丼とか、かつ丼とか、ウナギとか、とにかく何でも食べられます。

そして、肉魚、特に肉が好きというところが、長寿の秘訣かなと思います。

舅は92歳の長命でした。

さらに言うと、デパートまで歩いて5~10分くらいの立地なので、デパ地下には、良い肉魚は勿論、デパ地下のデリ総菜などもなんでも手に入ったんですね。

たぶん、それが長生きした理由かなと思います。

私たち夫婦もこれから住み替えを考えているのですが、買い物に行きやすいところ、という条件を重視しています。

赤魚の粕漬の焼き魚

こちらは普通の赤魚。

焼き魚は必ずつけます。作るに簡単だからです。

味玉の作りかた

右側の味玉は、これはお昼にラーメンが食べたいなあという時に作ります。

ゆで卵をMサイズなら、5~7分茹でる。

あとは麺つゆをそばつゆくらいに薄めたものに、卵を数時間から1晩浸します。

味玉の調味料の分量は

レタスクラブの村田裕子先生のレシピだと卵3個につき、しょうゆ大さじ3、酒大さじ1 砂糖小さじ1

栗原はるみ先生のレシピだと 卵3個につき しょうゆ 大さじ1、酢 小さじ1、砂糖 小さじ1/2

というものでした。

液の量がかなり少ないので、ビニール袋に卵と液を入れて、空気を抜くようにするとうまくいきます。

液がたっぷりの物だと、ヤマサのメーカーページでの作り方、「卵4つで400㏄(2カップ)の2倍濃縮の麺つゆ液につける」というレシピもありました。

お好みで作りやすいものでいいと思いまうs。

こちらのレシピと調味料を一覧にしたものは、別ブログの下の記事にまとめてありますので、ご覧ください。

ゆで卵のしょうゆ漬け,味玉のレシピと作り方 お弁当は酢で日持ち

ほうれん草のおひたし

 

ほうれん草ともやし、紅ショウガをちょっと入れると見栄えが良くなります。

今回は、この3品だけですが、母が気に入ってくれるといいなあ。

それではまたお届けに上がります!

普段のおかずは生協がおすすめ

母はお届けご飯以外のおかずは、生協の宅配で届けてもらっています。

品数は豊富で家に居ながらにして、カタログで好きなものが選べるので便利ですよ。

 





関連記事

-介護のご飯

error: Content is protected !!

Copyright© 料理と暮らし , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.