お年始の挨拶に 源吉兆庵のいのししが可愛い「干支菓子」と餡も皮も絶品の「つくよみ」 - 料理と暮らし

お菓子

お年始の挨拶に 源吉兆庵のいのししが可愛い「干支菓子」と餡も皮も絶品の「つくよみ」

更新日:

源吉兆庵のつくよみというお菓子をいただきました。

息子が年始に買ってきてくれました。パッケージがとても可愛いので、お年始や手土産にお勧めです。

スポンサーリンク





源吉兆庵の干支菓子

 

猪の形をした和菓子です。小さいのですが、すごくこっていますね。

栗あん、あずきあん、周りのうすいあずき色の部分は、白餡だそうです。
お祖母ちゃんへも同じお土産なのですが、お祖母ちゃんが今年の年女、亥年なのです。それでこのお菓子。

とても上品な味わい。煎茶と共にいただきました。

 

もう一つは、こちらの「つくよみ」というお菓子。

一見、どら焼きみたいですが、全然違います。

なにしろ、おいしい。

皮がふわふわしているのだけれども、パサつかず、しっとり、むっちり。

餡はしっかりとした甘さでも、しつこさはなく上品な味です。

源吉兆庵は、本店は銀座で海外にも店舗を展開している大店、和菓子はどれも洗練されているので、おつかいものにもおすすめです。







関連記事

-お菓子

Copyright© 料理と暮らし , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.