ステップファミリー 未分類

母と叔母との相続の調停を越えてなお切れることはなかった叔母との絆

更新日:

昨日は叔母が遊びに来てくれました。こちらの家に来るのは、これで2度目になります。
実家に一人で暮らしていた頃は、同じ団地の徒歩数分の家に叔母も居て、ずっと行き来をしていました。

今の家に暮らしてから、慣れない暮らしと夫の家族の介護とで、忙し過ぎる日が続きました。ある日思い立って電話をしたのは叔父が孤独死をした時でした。私の母の弟、叔母の兄になります。

それで連絡を取ったあと、久しぶりに叔母の家に遊びに行きました。何年も間が空いてしまったにもかかわらず、それまでとちっとも変わりありませんでした。

 

それからしばらくして、私が急に入院して手術を受けることになりました。
偶然にも叔母と同じ病気でした。叔母は病気のことをいろいろ教えてくれました。

手術の時はつき合いの薄い私の母には知らせず、夫と叔母に立ち合いを頼みました。
そうしたら叔母は毎日お見舞いに来てくれました。

実は母と叔母とは、祖父の死後、相続の争いで調停になったので、その後、つき合いはまったくありません。

私だけが母と叔母の調停が済んだ後、また家を訪ねに行きました。

叔母は私の古い実家から5分の家の、道路に面した窓辺に座っていました。私は道路から手を振ったら、叔母が気が付きました。

そしてわだかまりなく、今まで行き来を続けています。

叔母はせっかく私の母、姉の近くがいいと言って、そこに住んだのに、なぜ私の母は、そういう妹を可愛いと思えなかったのか、不思議に思うことがあります。

手術の前に、万が一のことがあるかもしれないので、叔母に今までのお礼を言いました。
子どものときからずっと、私の知らない頃から、叔母は私のことを知っています。
それは母の他には叔母しかいないのです。

叔母が持ってきてくれた手作りのバッグです。

この次会う時までに、叔母はこのバッグに合うウッドビーズのストラップを作ってくれると言いました。

そして私の手を握ってから、電車に乗って帰っていきました。

ad

ad

-ステップファミリー, 未分類

error: Content is protected !!

Copyright© 料理と暮らし , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.