生活

襟なしパジャマを冬でも暖かく着る方法 ハイネックインナーで寒さ知らず

パジャマを新調しましたが、うっかり襟なしのパジャマを選んでしまいました。

首元が寒くないか心配でしたが、ハイネックのインナーと組み合わせることで、まったく問題なく、暖かく眠れることがわかりました。

スポンサーリンク




新しいパジャマは綿100%

新しいパジャマを買おうと思って探してから、だいぶ時間が経ち、やっとお気に入りのパジャマが見つかりました。

時間がかかった原因はというと、とにかく、綿100%のパジャマが欲しかったんですね。

それまでは、ガーゼのパジャマを愛用していたのですが、冬なのでもう少し厚手のが欲しくなったのです。

それで、買ってきたのがこちら。ちょうどデパートのセールだったので、パジャマにしては結構高額でも、思いがけなく買えました。

メーカーは、ナイトウェアやインナーで有名な、ナイガイというところ。

うちの近くのデパートに入っているメーカーさんです。

 

襟なしのパジャマは冬寒い?

ただ、ひとつ、買ってきて気が付いたのが、首回りに襟がなかったこと。

冬なのに襟なしでは寒かったかな、とちょっと心配になりました。

パジャマの襟は何のため?

そもそも、パジャマの襟は何のためについているのかというと、一つは、やはり防寒のため。

もう一つは、逆に布団の襟などが汚れないようにするためでもあるそうです。

冬の場合は、とにかく寒くない方が良いわけですね。

ハイネックのインナーで寒くない

それで、だいじょうぶかなあと思ったのもつかの間、インナーにハイネックの物があるのを思い出して、それと組み合わせることにしました。

これはユニクロのヒートテックのインナーです。

もちろん、普段に着てもいいですが、どうしても襟が見えるので、寝る時専用として使っています。

この組み合わせで11月から寝ていますが、一度も寒さを感じたことはありません。

すごく暖かで快適です。

キルト生地のパジャマで、厚くてもこもこするかなあと思ったら全然そんなことはなし。

お風呂上りにしばらくウロウロしようが、全然寒くないです。

寝る時も、寒いとか、どこかがスース―するような感じがするとかも、全く感じなくなりました。

最初はパジャマにしては価格は高めかな?と感じていましたが、今では、毎日着るものだから、全然OK! という心境です。

かぶりとボタンのパジャマの違い

このパジャマはかぶりのパジャマです。

かぶり以外には、ボタンを留めて着るシャツパジャマがありますね。

どう違うかというと、ボタンのパジャマは、まず、値段が高いです。

かぶりの方がリーズナブルですし、表面がフラットですっきりしているというメリットもあります。

 

最初から襟付きのパジャマ、おすすめはこちら

ビビッドな赤と北欧風の模様に一目ぼれ!

 

ナイガイのもう一つのおすすめは、ハマグリソックス!

プレゼントに最適です




関連記事

-生活