スーパーキングのイギリス風食パン ホームベーカリーのレシピで - まるの日

パン

スーパーキングのイギリス風食パン ホームベーカリーのレシピで

投稿日:

スーパーキングの最強力粉でイギリス風食パンを焼きました。トーストをすると焦げ目がくっきりつきます。

使用したハーフ食パンのレシピとスーパーキングの感想をお知らせします。

スポンサーリンク





スーパーキングでイギリス風食パン

スーパーキングで焼いた、イギリス風食パンです。

スーパーキングは島津睦子さんのレシピでプンパニッケルを試作した時に、レシピにあったので買いました。

その時の記事

上記のプンパニッケルは、思ったようにはできなかったのですが、また試そうと思っていて、そのうち、オーブンが壊れてしまったので、後回しに。

いよいよ、賞味期限が切れそうになってしまったので、慌てて焼くことに。

使用したホームベーカリーは

最強力粉とは

スーパーキングは最強力粉という分類です。

最強力粉と、普通の強力粉との違いは、たんぱく質の量。

たんぱく値が高い最強力粉はグルテンの含有量が多く、ふっくらとしたボリューム感のあるパンが焼けます。

 

スーパーキングのホームベーカリーのレシピ

そこで、スーパーキングのレシピを探しましたが、あまり見つかりませんでした。

見つかったのはこちらのレシピ(https://ameblo.jp/momotaro0404/entry-11520335750.html)だったんですが、スキムミルクではなくて、牛乳を使っているので、手持ちの牛乳がなかったのです。

他にスキムミルクを使ったレシピは、https://cookpad.com/recipe/1117925があったんですが、こちらは、粉が全部で350gだったので、ちょっと多い。うちのHBでは無理そうです。

ハーフ食パンのレシピでスーパーキング食パン

というわけで、そもそもの付属の、ハーフ食パンのレシピで焼くことにしました。

ハーフ食パンのレシピは、前にもゴールデンヨットの粉が残った時に、使ったことがあります。

なぜわざわざゴールデンヨットの場合、ハーフ食パンにしたかというと、釜伸びが良すぎる場合に、パンがはみ出てしまうからです。

なので、どのくらいかの検討がつかない最初に焼く粉の場合は、ハーフ食パンのレシピがおすすめです。

スーパーキングの食パン

焼き上がったスーパーキングの食パンはこちら。

今回は、カメラを新居に運んでしまったので、夫の携帯で撮影してもらいました。

ちょっとぼけている上、アングルが悪いですが、ハーフ食パンのレシピでも、このくらいの高さが出ています。

なので、普通の食パンのレシピだと、ちょっと、頭がつかえてしまうかもですね。

スーパーキングのハーフ食パンのレシピ

■スーパーキングの全粒粉ハーフ食パン

材料 1個分
スーパーキング … 170g
全粒粉 … 10g
バター … 10g
砂糖 … 12.5g(大1 1/2)
塩 … 2.5g(小1/2)
スキムミルク … 6g(大1)
水 … 130g(mL)
*室温が25℃以上の時には、約5℃の冷水を10g(mL)減らして使う。
ドライイースト … 2.1g(小3/4)

こちらは、パナソニックのハーフ食パンのレシピの「強力粉」をそのままスーパーキングで置き換えたものです。

特に「スーパーキング用」のレシピではなくても、おいしく焼けています。

もっと適正なものもあると思いますが、とりあえずの時におすすめです。

オーブンで焼くスーパーキングの食パンレシピ

他に、日清製粉では、オーブンで焼くレシピがあったので参考として掲載します。

「山型食パン」の材料(1斤分)

  • スーパーキング 300g
  • ドライイースト 6g
  • 砂糖 15g
  • 食塩 6g
  • 牛乳 75ml
  • 水 150ml
  • 無塩バター 15g
    https://www.nisshin-foods.com/foods/recipe/detail/n-261.html

スーパーキング食パンの味の特徴

味はどうかというと、クラムはそんなに引きは強くなく、歯切れがよい感じです。

夫が言うのには味が「甘い」といいますが、もちろんバターが合うことは言うまでもありませんね。

トーストをすると、普通の食パンと同じ条件で焼いているのに、イギリスパン風の焦げ目がはっきりつきます。

これを食パン型で焼いたら、もっとイギリスパンの形になるかもしれませんが、HBで手軽に焼けるのももちろん良いところですね。

全体的には、イーグルよりも白い印象なので、今度、焼き色を「強め』にしてみようと思います。

ハーフ食パンだと、一度に使う量が180gですので、1kgの袋入りなので、全部で5回は焼ける計算になります。

イーグルとはまた違う触感なので、ぜひ一度お試しくださいね。







関連記事

-パン

Copyright© まるの日 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.