ハムコーンロールのレシピと作り方 大人気の総菜パンを焼こう - 料理と暮らし

パン

ハムコーンロールのレシピと作り方 大人気の総菜パンを焼こう

更新日:

ハムコーンのパン、以前から大人気の総菜パンですが、あれは実はハムロール、ハムフラワーともいいます。

複雑な形に見えるハムコーンロール、実はくるくる巻いて作るだけなんですよ。

すごく簡単にできるので、作り方をご紹介します。

スポンサーリンク




 ハムコーンロールの作り方

パン生地は、パナソニックのホームベーカリーの基本の”パン生地”です。

いわゆるバターロールのレシピですので、お手持ちのレシピで大丈夫。

レシピは、念のために下に書いておきますね。

使用したホームベーカリー

使ったベーカリは、パナソニックのもの。

私の買ったパナソニックのホームベーカリーは、安価ですごくおすすめです。

バターロールのパン生地の分量

パナソニックのレシピ、名称は「パン生地」です。

バターは実際は50gで、10g減らしてあります。

■パン生地(パナソニック)

強力粉……280g
バター……40g
砂糖……25.5g
スキムミルク……12g
塩……5g
卵……25g
水……150g
ドライイースト……2.8g

ハムコーンロールの作り方

材料は、パン生地の他に、

  • ハム(個数分)
  • マヨネーズ 適宜
  • パセリあれば生パセリ 乾燥パセリでもよい) 適宜

 

一次発酵の後、ガス抜きして12等分した生地を10分ほど置いたあと、めん棒でハムの大きさより2cmほど大きく丸く伸ばします。

 

中央手前にハムをのせて、 手前からくるくると巻きます。

 

包み終わりは指でつまんでとじます。

 

 

生地を中央から二つ折りにして、両端をググっと合わせたら

 

 

山になった部分に切り込みを入れます。1/3まで切ります。

 

 

後は生地を広げると、ハムがぐるぐる巻いた形になって、パン生地が間に層をなしています。

生地の上にコーンをのせます。

このまま、2次発酵35分~40分。

 

発酵を終えた生地にマヨネーズを適宜絞って、あればパセリをのせます。

 

出来上がった形はこんな感じです。

形は、好みで丸くしてもいいし、楕円形にしてもいいですよ。

ドリールを塗るともっとつやつやした感じになりますが、素朴な焦げ目でも、これはこれでおいしそうです。

冷凍して焼き立てパンを

この記事は、一次発酵を終えた後に、冷凍をすることもできます。

一つずつに小分けにしてラップでぴったり包み、ジップロックの袋などに入れて、冷凍をします。

後は、好きな時に生地を取り出して解凍、2次発酵をして焼きます。

冷凍のパン生地については、下の記事にありますので、合わせてご覧くださいね。

冷凍生地のパン生地レシピ 高橋雅子「冷凍生地で焼き立てパン」

他にも、生地作りをせずとも、冷凍した生地のパンで届いて、食べる前に焼くだけで焼き立てが食べられるというパンもあります。
パン作りをしない母に母の日のプレゼントで送ったら、すごく喜ばれたのでおすすめです。









関連記事

-パン

error: Content is protected !!

Copyright© 料理と暮らし , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.