手作りマスクの作り方 ゴム通しも端縫いも不要、4針縫うだけ! - 料理と暮らし

縫物

手作りマスクの作り方 ゴム通しも端縫いも不要、4針縫うだけ!

更新日:

手作りマスクの作り方のご紹介です。布を折りたたみ、4針縫うだけの、かなり簡単なものです。

端縫いなし、ゴム通しなしなのでミシン不要。型紙も不要ですが、タックを取ることでそこそこ立体マスクに近づきそれなりのフィット感もあります。

まずは、お手持ちの布でお試しください。

スポンサーリンク




手作りマスクの作り方

 

今回ご紹介するのは、なるべく縫わないでできて、一番簡単にできるマスクとして取り上げるものです。

ネット上には、もっと丁寧できれいなマスクの使い方もたくさんありますので、自分でできそうだと思ったもの、お好みの作り方でお試しください。

他の手作りマスク記事

手作りマスクの作り方概要

どのようなマスクかというと、

・切った綿の布を折りたたみ、ゴムで抑えて装着

・マスクを立体的にするためには4針縫うだけ

針や糸を使わない、縫わないマスクとしても使えなくはないのですが、縫い留めた方が見栄えは良いです。

左右一か所ずつ、針を動かすのはそれぞれ2回、計4針です。

作り方をご説明します。まずは材料と道具から。

 

手作り簡易マスクの材料と道具

・さらし、またはマスクに適した綿の布なんでも
・ゴム 5コールを使用
・裁ちばさみ 針と糸

出来上がりサイズ

出来上がりサイズは、縦が13センチ、横が20センチ です。

ちなみに市販のマスクは、家にあるものだと、横が17センチ、縦が、17.5センチでした。

縦の長さが短いように見えますが、タックが入っているため、実は縦の長さの方が長いです。

上が市販のマスク、下が今回のマスクです。

マスクにする布と生地について

マスクにする布は、3枚重ねでも息ができる、端がほつれにくい布なら何でもいいです。

さらしは、ドラッグストアでも売っている、綿の布です。

私が自分で使ったのは、薄いシーチングのような33センチ幅の普通の綿の布です。

ガーゼなら、目のつまったガーゼでもできると思います。

端縫いをしないので、ばらける心配がない生地がおすすめです。

このマスクのゴムは5コール以上がおすすめ

ゴムは、食品スーパーの文房具コーナー脇に置いてあった普通の衣料用ゴムです。

5コールという太さの物です。

マスクによく使われている丸ゴムより、太目のゴムの方がいいと思います。

マスクの作り方手順

  1. 布を切る
  2. ゴムを切って輪にする
  3. 布の両端と、上下を折る
  4. タックを作って4針縫ったら出来上がり

手作り簡易マスクを作ってみよう!

それでは実際に作っていきます。

1.マスクの綿の布を切る

 

布を、おおよそ35センチx27センチくらいの大きさに切ります。

 

 

2.布の両端を3センチ内側に折り込みます。幅は大体20センチになります。

うまく折れないときは、軽くアイロンを当てると楽にできます。

 

3. ゴムを75センチの長さに切って、両端を結んで輪にしたものを、両端を折りたたんだ布の中央に置きます。

ゴムはあとで調整できるよう、縛りやすい、やや長めの長さとしています。

 

 

4.ゴムを置いたまま、布の上から3分の1を、下に向かってたたみます。

 

5.次に、下から3分の1を上に向かってたたみます。この時見ているのが、マスクの裏側になります。

6.マスクを表に返してから、真ん中より少し下の部分を指でつまんで持ち上げます。この部分の高さは、1.2センチくらいです。

 

それを、上から下へたたみますが、真下にたたむのではなくて、斜め下に向かって、上の写真のような位置でたたんでください。

必ずしも正確でなくていいです。

 

その部分を糸で縫い留めます。糸端に玉結びを作って縫い始めますが、裏側の糸が布の表面に出ないように、顔の表面に当たらないよう2枚目の布に玉止めが来るように縫い始めます。

その後は、全部の布の重なりに針を通すようにして、同じ位置に針を出し、同じようにもう一度針を動かして、折りたたんだ部分を縫い留めます。

わかりやすいようにわざとピンクの色糸を使いましたが、布と同じ白い糸を使ってください。

ばらけないで留まれば十分です。

 

出来上がり。

ゴムは固定していません。

身に着ける時に、ゴムが一番上と一番下に来るような位置にして、装着してください。

装着したところ。

下側の角は、耳の下のあごの辺りにあります。

 

脇から見たところ。

タックを入れない場合

タックを入れない場合は、下のようになります。

手術のお医者さんの布マスクのようですが、これだけでもそこそこ使えます。

この場合、付けてみるとわかりますが、おおむね余るのは、上に重ねた方の布で、下側の布はそれほど隙間が空かないことがわかります。

どんなマスクでも隙間は空きますので、タックを入れるのは、どちらかというと見栄えのためです。

終わりに

今回ご紹介するのは、手間をかけないでできる簡易なマスクの作り方です。

男性でも簡単にできるといいなと思ってご紹介しました。

なお、手作りのマスクであっても、繰り返し使うことは推奨されていません。面倒でも一回ごとに洗う方が万全です。







関連記事

-縫物
-,

Copyright© 料理と暮らし , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.