生チョコレートのレシピと作り方!製菓用チョコレートでお店の味に - 料理と暮らし

お菓子

生チョコレートのレシピと作り方!製菓用チョコレートでお店の味に

更新日:

生チョコレートをバレンタインに作りました。

バレンタインデーに合わせて作るのがいちばんですが、バレンタインが過ぎると、製菓用チョコレートが大幅値引きになります。

遅れてしまっても、安くなったチョコレートでたくさん作れますよ。簡単にできる生チョコレートのレシピをお知らせします。

スポンサーリンク




生チョコレートの「生」とは

 

「生チョコレートって何が生なの」とよく聞かれるのですが、ううむ、何が生なのでしょうね。

わかるのは、普通のチョコレートは、中が柔らかくて、外側は、固くて薄いチョコレートで覆われていますよね。

あの外側は、テンパリングといって、温度をきっちり測って作る技術なのですが、生チョコレートはその外側の部分がないですね。

それだから生なのかな?

判然としませんが、実は生チョコレート、作るのはすごく簡単なんです。

 

生チョコレートには製菓用チョコレートを

今なら、生チョコレートのレシピはどこにでもありますが、このレシピは、まだ生チョコレートが珍しかったころに、歯医者さんの田沼敦子さんのレシピで教わったのですね。

それで、その当時は「同じようにできたなー」って感じでした。

今はそれ以上に、「おいしいー」と感激しています。チョコレートを食べる機会は以前よりも増えたのですが、なぜかというと、チョコレートに質の良いチョコレートを使うようになったからだと思います。

もう一つのガトーショコラのレシピにおいては、市販の板チョコでもいいのですが、こちらの生チョコレートには、上質の製菓用のチョコレートを使うことをおすすめします。

生チョコレートのレシピと作り方

材料と分量

■生チョコレート

● 材料 ――――――
生チョコレート 20~30個分

セミスイートチョコレート(製菓用)……125g
生クリーム……100cc
水あめ ……30g
洋酒ブランデー、コアントローなど……15cc
ココアパウダー……適宜

 

生チョコレート作りかた

1.チョコレートを荒く刻んでおきます。

2.鍋に水あめと生クリームを入れて火にかけ、沸騰直前ふわりと沸いてきたら、刻んだチョコレートに一気に加えます。

3.泡立て器で静かに混ぜ合わせ、好みの洋酒を入れます。

4.バットや長方形の器に大き目にオーブンシートを敷いて、③を流し、端を持ちあげて厚みを均一に整え、冷蔵庫に入れて冷やします。

 

5.固まったらオーブンシートををはずし、好みの大きさ、形に整え、ココアパウダーをまぶします。冷蔵庫に保存します。

生チョコレートのコツ 市販の箱で作るとお店仕様に!

 

作り方はちっとも難しくありませんが、市販の空き箱などで作るときのコツをお教えしますね。

 

 

これは栄太郎の飴が入っていた紙箱なんですが、二重になっているのがわかりますか。

内側の箱は緑色で、外側は黄色の紙の箱ですが、固める時は、内側の箱で作ります。

 

固まったら、シートの端を持って持ち上げて、箱から抜き取り、外側の箱の方に入れ替えます。

というのは外側の箱の方が、内箱よりも少し大きくできていますよね。そうするとチョコレートの間に隙間が入って、そこにココアを振るとちょうど良くなるわけです。

箱の大きさは23x12センチ

ちなみにこの箱の大きさはという、 23x12センチの大きさです。

これで生チョコレートの厚みが丁度いいぐらいですが、もう少し厚みがあってもいいと思うので、お手持ちの箱で工夫してみてくださいね。

あるいは内箱のまま固めて、固まったら脇をちょっとだけ切り取って、チョコレートの間に隙間ができるようにする。

そうすると、外側の蓋がそのまま使えて、贈り物にする時にも丁度いいかもしれません。

生チョコレートの裏側にもココアをつける

チョコレートはシートの裏側にもぴったりくっついてしまうので、あらかじめナイフなどで外しておき、裏側にもココアをつけるようにするのがいいですよ。

お好みでココア意外にも、抹茶パウダなどーでもおいしく見えますよ。

それでは、皆さまもおいしく召し上がってくださいね!







関連記事

-お菓子

Copyright© 料理と暮らし , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.