えびピラフのレシピ 味付けはコンソメ素のみ/炊き込まないので失敗なし - 料理と暮らし

介護のご飯 料理

えびピラフのレシピ 味付けはコンソメ素のみ/炊き込まないので失敗なし

更新日:

離れて暮らしている夫の母に、週1回、ご飯を作って届けています。

今回のメニューは、ピラフとポトフ。
今日はその中から、「グッチさんちのエビピラフ」。
というのは、このピラフは、具や調味料をあらかじめ入れる炊き込みピラフではないので、失敗なしなんですよ!

炊き込まないってどういうこと? 作り方を紹介します。

グッチさんちのエビピラフ

グッチさんというのは、言わずと知れたグッチ裕三さんですね。

この方の発案するお料理は、簡単で美味しいものばかり。そして面白い。

レシピと詳しい作り方は「みんなのきょうの料理」で見られます。

グッチさんちのエビピラフ

このピラフのレシピのメリット

このピラフのレシピのすぐれたところは

・加熱しないので具が縮まない
・味付けの調味料の領の心配が要らない(あとから塩が足せる)
・水加減が普段の炊飯と変わりなし

それでは実際の作り方を。

グッチさんちのえびピラフ 作り方

レシピではむきエビを使いますが、今回はボイルホタテで作ることにしました。

ホタテと、玉ねぎ、人参、ピーマンをフライパンで炒めて、軽く塩コショウで味付け。

ピラフは顆粒コンソメの元を加えて炊くだけ

一方ご飯はというと、お米2合に顆粒コンソメの素を小さじ1と1/3を加えて炊きます。

味付けはそれだけ!

もちろん、水加減もふだんのままで変更なしです。

ご飯が炊き上がったら、熱いうちに、上の具を混ぜるだけです。

グッチさんのレシピでは、野菜は玉ねぎだけですが、上は足しています。

塩気が物足りないようなら、味を見て塩こしょうします。

 

今回は母のところに持っていくので、ボウルで全体を混ぜて

 

パックに詰めます。

炊き込まないので、具の色が褪せてしまったり、それから、エビやホタテの具が、加熱し過ぎで縮むこともありません。

炊き込みご飯はどうも、固かったり柔らかすぎたりして、特に人に持っていくときには、水加減が心配なのですが、このピラフなら大丈夫!

気軽に作れるようになりました、

塩豚のポトフ

もう一つ作ったのは、塩豚のポトフです。

こちらは、高山なほみさんのレシピ。

塩豚

今回は母用なので、豚肉の肩ロース塊でなくて、カツ用の厚さのものを、塩豚にしてから使っています。

塩豚とは?

簡単に言うと、豚肉に塩をして、熟成させたものです。

ただ、塩豚と、普通の豚とでは、全然違います。煮込み料理の時は、断然塩豚がおいしい!

塩豚の分量

豚肩ロース塊肉500gに対して、塩が大さじ1/2。

材料はこれだけ。

塩を豚肉の表面全体に刷り込むようにまぶして、ラップやビニールでくるみ、3日間くらい冷蔵庫において、熟成したころが食べごろだそうです。

最低一晩「塩豚」に

ただし、私の場合は急いでいることが多いので、最低一晩でも、だいじょうぶです。

逆に、あまりしょっぱくなってしまったときは、5分~10分位水に浸けて塩抜きしてもいいです。

圧力鍋で豚肩ロースを下茹で

冷蔵庫で熟成させた塩豚を、食べやすく切ってから、圧力鍋で茹でます。

丸のまま茹でてもいいですが、それだと固くなります。

2~3センチ位がちょうどいい暑さです。

 

圧力鍋で上のように作ると、お肉は、豚の角煮のように柔らかくなります。

さらに、大きく切った、または丸のままの野菜、にんじん、ジャガイモ、キャベツ、玉ねぎなどを加えて、肉と一緒にさらに加熱か、煮込むかします。

野菜を切り分けながら食べます。

圧力鍋で煮る場合は、私のは高圧鍋なので10分位。

それに、マスタードを添えていただきます。

**

今日は、午前中に急に母のところに行くことになって大忙しのメニューでしたが、ホタテのピラフと塩豚のポトフ、気に入ってくれたかな。

たくさん食べて、母が元気でいてくれますように!

それでは皆さまもどうぞお試しください!

 

スポンサーリンク

関連記事

-介護のご飯, 料理

error: Content is protected !!

Copyright© 料理と暮らし , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.