料理

牛乳がないときの代用品はスキムミルクと豆乳で!地震で北海道産が欠品も

更新日:

こんにちは。なな子です。

北海道地震、皆さんのところはだいじょうぶでしたか。

地震の被災ではありませんが、その影響がちらほら表れているところもありますね。

その一つが、牛乳不足! 今しばらくは続くとも言われています。

でも大丈夫。牛乳がない時に、あの品物で代用ができますよ。その「品物」の数々をご紹介しますね。

スポンサーリンク

ad

水に溶かして牛乳になるスキムミルク

わが家では、牛乳はそれほど飲まないのですが、私は骨粗しょう症予防のために、毎日100ml程度飲んでいます。

その他にお菓子やパンに使ったりもするので、とにかく買い置きはしてあるのですが、全くないということになると困りますね。

牛乳がないときの代用品として考えられる第一は、私の場合はスキムミルクです。

スキムミルクとは

牛乳から脂肪分を除いた脱脂乳を粉末状に乾燥させたもので、実は栄養価が牛乳よりも高いのです。

メーカーの説明だと

コップ1杯分(16g)で、栄養素等表示基準値(※1)の1日分として必要なカルシウムの51%の量(350㎎)と、牛乳から分離した機能素材である乳たんぱく質MBPが摂取できます。

顆粒なので、保存性も高いです。災害用食品としても常備しておきたいですね。

180mlのお湯に20gを溶かして使用します。温度が60℃だと溶けやすいです。

 

豆乳でも代用できる

牛乳のないときの代用品のもう一つは、豆乳です。

最近では、パンを作るときに、牛乳でもスキムミルクでもなくて、豆乳を使うという人が増えてきました。

豆乳とは?

大豆を水に浸してすりつぶし、水を加えて煮つめた汁を漉した飲料です。

スキムミルクより濃度があって、牛乳に似た外観と食味。

乳製品ではないので、出来上がりの風味は異なりますが、代用はできます。

牛乳の代わりなら、「成分無調整」と表示されているものを使ってくださいね。

 

今現在は、首都圏のスーパーで、ひとり一本の制限や欠品がでているところもあるそうです。

欠品は一時的なものですので、買い占めは避けて、計画的に購入するようにしましょう。

早く北海道の工場が平常に戻りますように。被災者の方々のご無事をお祈りいたしております。

ad

ad

-料理

Copyright© 料理と暮らし , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.