お菓子

なかしましほさんのビスコッティのレシピを作ってみた!ナッツとチョコザクザクの食感がおいしい!

投稿日:

こんにちは。なな子です。

今日は、なかしましほさんのビスコッティを焼きました。

すごくおいしい! そしてローカロリー。うれしいレシピをご紹介します。

 

スポンサーリンク

ad

ビスコッティとは?

ビスコッティとはイタリアのビスケット。2度焼きするという独特の作り方です。

定義は、

生地をなまこ形にまとめて一度焼き、厚さ1~2cmにスライスした後にもう一度焼いて作る、「カントゥッチ(cantucci<イタリア>)」と呼ばれるトスカーナ地方で作られるものをさすことが多い。カントゥッチの生地には小麦粉・砂糖・卵などを用い、バターは用いないことが多い。また、アーモンドを入れて作ることが多い。とてもかたく、「ビンサント(Vin Santo<イタリア>)」という甘いワインに浸して食べる食べ方も一般的。

市販のものは、食べたことがあったかなかったか・・・
たぶん食べたことはあってもここまでおいしくなかったと思います。

なので、最初にレシピを見てもどういうものかがいまいちわからなかったのですが、焼いてみたら、ナッツとチョコレートと生地の食感がとてもおいしい!

素朴な味わいなのですが、とにかく歯ごたえがいい。そして材料がいい、という感じです。

飲み物にひたして食べる、とありますが、焼き時間が長く生地を乾燥させれば固くなり、短ければ柔らかくでき、この点は調節ができます。

 

ビスコッティのレシピ

今回はなかしましほさんのレシピを元にしています。
元々のレシピの半分の量です。あとはアーモンドパウダーや全粒粉は自分で足しました。

■ビスコッティなかしま
薄力粉…… 35g
全粒粉……5g
アーモンドパウダー……5g
砂糖……25g
卵……1/2個
油(あれば太白ごま油など)……7g
ナッツ(クルミやアーモンドなど)……40g
チョコレート(加熱しても溶けないものがベスト 板チョコのブラックでも)……25g/*下準備
・薄力粉、ベーキングパウダー、グラニュー糖は合わせてボウルに振るっておく
・チョコレートは粗く刻んでおく
・ナッツ類は必要なら、空焼きをしておく1.振るっておいた粉を入れたボウルにチョコレート、ナッツを加えて混ぜ合わせる。
2.卵を溶きほぐして1のボウルに加え、ゴムベラで粉っぽさがなくなるまでよく混ぜる。
3.天板にオーブンシートを敷き2の生地をのせる。なまこ型に形を整える。
4.180℃に予熱しておいたオーブンで約20分焼く。焼けたらナイフで幅1cmにスライスする。
切り口が上になるように天板に並べ、150℃のオーブンで30分焼く。
柔らかく焼きたい時は、時間を20分前後に短くしてもよい。焼けたらケーキクーラー等にのせて冷ます。

中に入れるナッツ類はレーズンやドライフルーツなどを加えてもいいですよ。

ココアの味にしたい時は、こちらのレシピを。

■ココアのビスコッティ
薄力粉……40g
ココア……5g
アーモンドパウダー……5g
砂糖……25g
卵……1/2個
油……7g
ナッツ……30g
レーズン……10g
チョコレート……25g


しめらないように保存をすれば、歯ごたえが楽しめます。

こんなハードなお菓子が家でできることに驚いたビスコッティ。

皆様もぜひお試しくださいね!

 

 

なかしまさんのレシピはとってもオーガニック。見た目もシンプルで「飾り」の手間が要らない、手軽に作れるものばかりなんですよ。

ad

ad

-お菓子

Copyright© 料理と暮らし , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.