卵なしのチョコレートムースのレシピ チョコレート効果72%で - 料理と暮らし

お菓子

卵なしのチョコレートムースのレシピ チョコレート効果72%で

更新日:

 

こんにちは。なな子です。

早々に梅雨が明けて、一気に暑くなってしまいましたね。

今日は余っていたチョコレートでチョコレートムースを作りました。

余っていた「チョコレート効果72%」で

ダイエット前に夫が買った、「チョコレート効果72%」というのがたくさん余っていて、賞味期限が切れそうになっていたので、それを使って作りました。

このシリーズのチョコレートで作るレシピはたくさんあるんですね。

製菓用チョコレートのビターが70%くらいなので、それと同じカカオの割合で、同じように使えるかなと思います。

下は、製造元明治のレシピサイトです。

高カカオチョコレートレシピのサイト

健康に良さそうなチョコレートレシピばかりです。

 

卵ありとなしの違い

卵が入っていた方が、柔らかくできるんですね。

ただ、暑いときは、あまり生卵を使いたくないのです。

安全性に問題があるというより、元々生卵も半熟も好きでないのと、それから、夫と私しかいないので、次の日に残る可能性がある。

生卵を加熱せずにそのまま使うデザート場合は、保存はしない方がいいので、卵なしで考えました。

 

卵なしチョコレートムースのレシピ

材料: ココット型3個分
・ビターチョコレート 50g
・牛乳 大さじ1
・砂糖 40g
・生クリーム 75g
・ゼラチン 2g
作り方:
1.ゼラチンは、大さじ1の水でふやかしておく

2.生クリームは砂糖の半量を加えて7分立てに泡立てる。ケーキにデコレーションするよりゆるいくらい。

3.チョコレートは大雑把に刻み、牛乳大さじ1を加えて、レンジにかける。10秒ごとに様子を見て、泡だて器で混ぜる。固まりがなくなればよい。

4.溶かしたチョコレートに生クリームをひとすくい加えて混ぜる。混ざったら、砂糖ともうひとすくいの生クリームを加えて同じように混ぜる。残りの生クリームをすべて加えて、まんべんなく混ざればよい。

5.水にふやかしたゼラチンを、レンジで、10秒加熱する。泡だて器の先などで混ぜてみて、溶けていればよい。

6. 4にゼラチンをまんべんなく混ぜたら、容器に分けて、2時間位冷蔵庫で固める。

 

お味はというと、生クリームが入っている割には、たくさん食べられました。

あまり油っぽいという感じがしません。

冷えてすぐ食べる分には柔らかいのですが、祖霊所う冷やしてしまうと、卵の入ったものに比べると、かなり固めです。

それから、チョコレートの風味がとても強いのですが、いわゆる「濃厚」という感じとも違いますね。

チョコレートの風味は濃厚なんだけれども、甘くてこってりしているのとは対極です。

なんというか、やはり体に良いデザートという感じ。

 

写真に撮るのを忘れてしまいましたが、一番下に牛乳でしとらせたマリ―ビスケットを敷いておきました。

それだと、ビスケットが柔らかくなって、ちょっとスポンジがあるみたいになります。

ダイエット中の夫はとても喜んで、食事のあとに食べてしまいました。

うーん、だいじょうぶかな。そのあと心配そうに体重計に乗っていましたが。

 

では、皆さまもおいしく召し上がれ!

スポンサーリンク

関連記事

-お菓子

error: Content is protected !!

Copyright© 料理と暮らし , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.