手芸

手作り布のティッシュボックスカバー 型紙と簡単な作り方

更新日:


こんにちは。なな子です。

手作りのティッシュボックスのカバーを作ってみましたよ。簡単なのと、手間はかかるがフォルムの美しいものと2種類です。

型紙もご案内させていただきますね。

スポンサーリンク

ad

ティッシュボックスカバーその1

 

こちらは、若干難しいですが、フォルムがきれいな方です。市販品と同じようにできます。

布は、ごく普通のシーチングであれば、それと表布と裏布が2枚必要です。

それと、固くて厚手の布の場合は不要ですが、シーチングの際は、接着芯を貼った方がいいです。

縫い方を紹介しているサイトには書いていないのですが、薄手の布なら接着心があると形崩れがありません。

 

 

縫い方は表布と裏布を縫い合わせて、バイアステープでパイピングをします。

私の場合はミシンで乱暴に縫うものですから、パイピングが曲線なのでちょっと難しかったです。

ただ、使いやすいし、きれいなので、とても気に入っています。

 

 

色違いは 北欧風の布で作ってみました。この布は可愛い柄だったので、もっと探して買っておけばよかった!

作品の作り方と型紙掲載サイト

無料でDLできます。

http://uneko.at.webry.info/200902/article_3.html

 

簡単!四角の布で作るティッシュカバー

 

もう一つは簡単に作れる方です。四角の布2枚を縫い合わせるだけでできますよ。

四角の布で作るティッシュカバー材料と作り方

材料:

・40センチ角の布 表布と裏布それぞれ1枚ずつ 無地と柄など同系色の別々の柄のもの
・ボタン2個

作り方:

1.正方形の布、約37㎝を2枚用意し、10cmほど返し口を残して中表に縫い、表に返してその部分をかがります。
きれいにするには縫い代を割ってアイロンをかけてください。
2.角から9cmのところを、布の表を見ながら突き合わせにかがります。これがティッシュの引き出し口です。
3.それ以外の角2つの、表側の端にボタンをつけます。

 

下は生地の見取り図です。

 

 

出来上がりを表から見たところ

 

裏から見たところ

 

その他:
お店で見たものは、共布で作ったくるみボタンになっていました。

脚つきのボタンだといいと思います。普通のボタンのときは、布の厚み糸脚を長目にします。

布はリネンプリントなどでも。

中と外の色に濃淡などコントラストをつけるときれいです。
布の厚さ、箱の大きさにしたがって全体の大きさを調整してくださいね。

 

布と作り方をプレゼント

母は私よりもミシンが上手で手作りが好きなので、試作品の見本と作り方を送ってあげました。

母は「買ったのだと思った」そうです。

もちろんティッシュの箱はなしで、出来上がりを上のような感じでたたんで送ったので、これは何?みたいな感じのサプライズでした。

あとは、手持ちの布で、楽しんで作ってもらえました。

こちらのパターンだと難しくなく、すぐにできますので、皆様もお試しくださいね。

 

ad

ad

-手芸

error: Content is protected !!

Copyright© 料理と暮らし , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.