トライフル スポンジxカスタードx生クリームの組み合わせがおいしい! - 料理と暮らし

お菓子

トライフル スポンジxカスタードx生クリームの組み合わせがおいしい!

更新日:

トライフルというお菓子を知っていますか。

夫がクリームたっぷりのスプーンデザートが好きなので、ふと思い出してトライフルを作ってみました。

スコーンと同じく、これも発祥はイギリスのデザートなんですよ。

スポンサーリンク





トライフルの作り方

トライフル、trifleというのは、「つまらないもの」という意味らしいのですが、どうしてどうして、とてもおいしいデザートです。

スポンジやカステラなどにフルーツとカスタードクリーム、あれば生クリームを合わせるだけのスイーツで、生クリームはあれば美味しいですがなくてもできます。

その秘密はひとつ一つの材料ではなくて、スポンジxカスタードx生クリームの組み合わせにあるような気がします。

特にカスタードクリームが食べられるお菓子ってあまりないような。

大切なのがこのカスタードクリームですが、レンジで簡単に作れます。

カスタードクリーム レンジでの作り方

カスタードクリームのレンジでの作り方です。

材料:
・卵黄1個分
・砂糖 大さじ20g
・コーンスターチまたは薄力粉 7g
・牛乳100ml
・バター 5g
・バニラエッセンス少々

1. 耐熱ボウルに卵黄、を加え、泡立て器で白っぽくふんわりとなるまでよく混ぜ合わせる。牛乳はレンジで40秒温めておく。

2.コーンスターチ、温めておいた牛乳を加えてさらにしっかり混ぜ合わせる。

3.ラップをかけずに電子レンジで1分ラップをし、レンジで1分加熱します。一度、取り出し、全体を混ぜる。

4.  再度、ラップをし、もう1分加熱。取り出して、バター、バニラエッセンスを加えて溶かし混ぜる。

 

後は器に、ちぎったスポンジ、カスタード、泡立てた生クリーム、フルーツの順にのせたら出来上がり。

スポンジケーキは手作りでもいいですが、わざわざ焼くのも大変なので、手持ちのロールカステラや、市販のスポンジでも十分です。

フルーツはあるものや缶詰も活用

フルーツは、あればイチゴやチェリーの赤いものや、ブルーベリーが色がきれいでおすすめです。

ですが、たいていのお菓子はみなそうですが、できれば手元にあるもので作りたいもの。

あまりきちんと考えると、思い立った時に作れなくなってしまいます。

メインはスポンジとクリームなので、家で食べるなら、あるもので十分おいしいです。

 

お菓子作りに便利なミントの苗

お菓子作りにあると便利なのが、ミントの苗です。

ミント、正確にはレモンバームの葉っぱですが、これは庭に生えています。
といっても、地植えにしては絶対ダメですよ。

根がはびこって、とんでもないところから生えて来たり、手が付けられなくなってしまいますので、外に置くときも鉢植えにしてくださいね。

飾りなのですが、庭にあるとアイスクリームにのせたり、とても便利です。

ちょっとの飾りで欲しいだけなので、買うと割高になってしまうので、鉢植えで育てたい植物の一つです。

特におもてなしの時に、これがあるだけで見栄えがアップします。

トライフルの容器はガラスがおすすめ

 

容器は、中身がサイドからも見えるように、透明な容器がいいですね。

大き目なグラスのようなものでも。今の時期なら小さめのなら100円ショップにもあるかもですが、上のような形のものがあると、ヨーグルトその他に見栄えがします。

生クリームは冷凍しておくのがおすすめ

200㏄で買うと、二人分だと100㏄しか使わないことが多いので、半分はいつもホイップしたものを冷凍しておきます。

ジッパー付きの袋に入れて冷凍します。

または、生クリームにホイップの袋がついている時は、それに入れておいて、解凍してそのまま絞りだしても使えますよ。とても便利です。

それでは、皆さまもお試しください!







関連記事

-お菓子

Copyright© 料理と暮らし , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.