セリアの毛糸ふるりとリネンカットクロスでエジング付マットとタオル - 料理と暮らし

手芸

セリアの毛糸ふるりとリネンカットクロスでエジング付マットとタオル

更新日:

 

 

こんにちは。なな子です。

セリアで買った変わり毛糸「ふるり」を使って、同じくセリアのリネンカットクロスと、それから年賀でいただいた白いタオルそれぞれに、可愛いエジングをつけてみましたよ。

スポンサーリンク

 変わり毛糸ふるりはこんな形

 

 

毛糸はこれです。

30gで6.5mありますので、クッションの端でもいいし、たっぷり好きなだけ使えます。

これはとってもお買い得ですね。

元の形はこんな感じで、伸縮性があります。

こちらはナチュラルカラー2色。

 

 

広げた時はこういう形。この場合の縦幅は、4.8㎝位。

普通の大きさのタオルの片側に、そのまま縫い付けたところ。上下をミシンで縫います。

大体布に留まるところでいいと思います。

大きいものはそのままでいいですが、小さいものには、エジングの幅を狭くしたいですね

一部を切って細いブレードとして使える

ふるりを拡げて、この箇所をひとつずつ切ったら、ほどけることなく使えました。

写真上部に縫ったものが見えますが、ポンポンとその上の部分だけが残ります。

これを、リネンの布の端に縫い付けるだけ。

 

 

このリネンのクロスは、たて横30センチ強の正方形に近い形。
表から縫い付けて、周囲にぐるっと。

 

 

こちらは、同じく切ったものを、両端にだけ、裏側から縫い付けました。

表から縫った方が、色部分がたくさん見えます。

裏側からだと、布端のラインがまっすぐに見えますので、どちらにつけるかはお好みで。

ミシンよりは手縫いがおすすめ コツは引っ張らないこと

ミシンを使ってもいいですが、毛糸自体が伸び縮みするので、手縫いの方が楽かな。

縫い付ける時のコツは、縫い付ける時に引っ張らないこと。引っ張って伸びた状態でつけてしまうと、あとで布の方と合わなくなってつれてしまいます。

縫い留める場所は、布からポンポン部分が出るように、いちばん上と、下の適当なところで縫い留めていってくださいね。

スポンサーリンク

関連記事

-手芸
-

error: Content is protected !!

Copyright© 料理と暮らし , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.